シワやたるみの原因!? 骨を弱らせるこわーい悪習慣

2016年2月22日

目尻のシワやフェイスラインのたるみ、ケアしていますか? 実は、意外な原因のひとつが「骨が弱っていること」です。ついつい表面のお手入れにこだわってしまいがちですが、骨の健康を保つことも大切。骨のケアをすることでテントの支柱をしっかりと立てるように、ハリのある若々しい印象のお肌に近づけるのです。さらに、骨がもろくなる「骨粗しょう症」は、男性よりも女性のほうがなりやすいと言われています。 では、女性が特に意識しておきたい「骨の健康」と、ケア方法とは?

普段の何気ない行動がどんどん骨を弱らせているかも!

私たちの何気ない行動により、骨が弱くなっているとしたら……。普段のご自身の生活を、下のチェックリストに照らし合わせてみましょう。

骨粗しょう症の危険度check!

これは「骨粗しょう症」を招く行動をまとめたチェックリストです。5つ以上あてはまる人は「骨の健康」に要注意!

強くしなやかな骨が未来の美と健康を作る

残念ながら、女性は加齢とともに減少する女性ホルモンの影響により、「骨密度」の低下は避けられません。しかし、そのまま放っておくと、やがて「骨粗しょう症」になってしまう危険が。 頭蓋骨の骨密度が下がり、痩せてもろくなってしまうと、頭皮のたるみやフェイスラインのゆるみにつながります。さらに目元や口元のシワが増えたり、ほうれい線が濃くなったりと、「老け顔」になってしまうのです。

骨はただ硬く丈夫であればいいというわけでなく、しなやかさも健康な骨の条件です。そのためには、骨密度だけでなく、「骨質」も重要になります。
骨を丈夫にしてくれる「カルシウム」は有名ですが、骨の体積の約50%が「コラーゲン」でできていることはあまり知られていません。このコラーゲンが減少したり劣化したりすると、しなりが悪く、もろい骨になってしまうのです。

では、そんな「強くしなやかな骨」を作るには、どうしたらよいのでしょうか。

骨の健康を保つ3つのポイント

特別なことをする必要はありません。日々のちょっとした運動や食事などのライフスタイルを見直してみましょう。

《“骨密度”と“骨質”をあげる食事を心がける》

日常生活+α スーパーまでウォーキング

食事は健康を作り出すもとになるもの。どうしても難しい場合は必要な栄養素をサプリメントやドリンクで取り入れるのもよいですが、なるべく食事から摂取することを意識しましょう。

また、食事の際は野菜から食べ始める「ベジタブル・ファースト」も忘れてはいけません。最近ではダイエット法としても注目されていますが、これは血糖値が急激に上昇するのを防ぐ食事の仕方です。それによって活性酸素が増加して糖化を引き起こすのを防止、結果として老化の抑制にもなるのです。

《日常生活にプラスαの運動を心がける》

骨密度を上げる栄養素骨質を上げる栄養素

健康な骨を保つためには、日常生活に「負荷を与える運動」をプラスすることが大切です。週に1回ジムに通うよりも、毎日10分ウォーキングやランニングなどのプチエクササイズを継続するほうが効果的なのだそう。
また、屋外での運動により適度に紫外線を浴びると、体が骨を強くする「ビタミンD」を作り出してくれます。

《忘れがちな顔の骨ケアには簡単フェイササイズ!》

フェイササイズ

前述した通り、頭蓋骨が弱くなると顔のシワやたるみの原因になることがあります。普段あまり意識することのない顔の骨や筋肉には、「頬を思いっきりふくらませる」「舌を口の中でぐるぐる動かす」などが効果的。顔筋を大きく動かすフェイササイズにより、いつまでも若々しいフェイスラインを実現しましょう。

未来の美と健康のために、知っておきたい「骨の健康」

骨の健康の重要性がわかっていただけたでしょうか。「骨密度」が高く硬い骨であり、なおかつ「骨質」のよいしなやかな骨であることが、未来の美と健康をつくるといっても過言ではありません。骨の健康を維持することで、いつまでも健やかで若々しい生活を手に入れてくださいね。

参照:太陽笑顔fufufu
「未来の元気のために!今、知っておくべき骨の真実。」

文:木村衣里/プレスラボ
イラスト:とげとげ。

あわせて読みたいオススメ記事