事業内容

「統合ヘルス&ビューティーケア」企業へと進化するロート製薬

事業分野
私たちの従来の事業領域は、ヘルスアンドビューティーケア領域内でOTCや化粧品といったお客様のニーズに合った付加価値の高い製品を開発しご提供してまいりました。今後も新ブランドの育成に努め、その分野でトップあるいは主要なブランドを築くことに変わりはございません。
さらに、私たちを取り巻く社会や人々に奉仕するために、製品の卓越性に加えて、社会的卓越性を提供するソーシャルヘルスケアビジネスを新たに立ち上げます。このソーシャルヘルスケアをより広く・深く実現するために、私たちは健康の基本である食やサービスなど日常のライフスタイルから医療など先端のライフサイエンスまで、関連するあらゆる分野を統合した「統合ヘルスアンドビューティーケア」へと事業領域を拡げ、進化してまいります。
私たちは、人々の健康や美容だけでなく、社会の文化、科学、産業の発展、地球環境の保全にも配慮しつつ、期待値を超える商品やサービスを提供し、世界中に美と健康を届ける努力をし続けてまいります。



  • 国内ヘルスケア事業

    1899年、胃腸薬「胃活」を発売以来、お客さまの声にお応えしながら、「ロートだからできる」付加価値の高い一般用医薬品(OTC)、化粧品、サプリメントなどを提供しています。アイケアでは、OTC目薬市場でシェア30%以上。多様なニーズを先取りする目薬やコンタクトケア製品で目の健康と眼病予防に貢献しています。 内服では、胃薬から漢方薬、サプリメントまで飲みやすい、使いやすい、効き目感が高い製品づくりをモットーに、幅広い世代から信頼される商品を開発しています。 スキンケアは、世界中のご家庭で100年以上使われているおなじみのメンソレータムから新規成分や製剤技術を活かした機能性化粧品まで新需要を喚起する新商品を多数開発しています。

    ロート製薬:商品情報サイトはこちら

  • エピステーム

    国内百貨店、専門店事業

    2009年からロートの叡智を集結し、先進的技術を応用したスキンケアブランド「episteme(エピステーム)」を提供しています。またロート製薬の「美と健康」サービスをお客様一人一人に直接ロート製薬専門コンサルティングが紹介するビューティカウンター「ロートビューティヘルスサイエンス」を展開しています。「エピステーム」「オバジ」商品販売の他、美しさを内外から考えるロート製薬の歴史と経験、クリニックやサロンなどで培われた技術や先進の情報とともに先進的なトリートメントを提供しています。

    エピステームサイトはこちら

  • 新規事業

    アグリ、再生医療事業

    ソーシャルヘルスケアをより広く・深く実現するために2013年より健康の基本である食やサービスなど日常のライフスタイルから医療など先端のライフサイエンスまで、関連するあらゆる分野を統合したヘルス&ビューティーケアへと事業領域を拡げています。アグリ・ファーム事業部、再生医療事業部を立ち上げグランフロント大阪に「Smart Camp(スマートキャンプ)うめきた」を構え、レストラン、都会型野菜農園、リラクゼーションサロンを展開しています。

    Smart Camp(スマートキャンプ)うめきたサイトはこちら

    Smart Camp(スマートキャンプ)東京サイトはこちら

  • 海外展開

    海外事業

    ロートグループは、世界110ヵ国以上にネットワークを構築。メンソレータム社(米国)、(ベトナム)、(インドネシア)はじめ各エリアに現地法人を置き、市場の開拓ときめ細やかな販売活動を展開しています。海外の生産拠点、日本の生産拠点と併せて、各国の市場が必要とする商品を効率良く、低コストで生産しています。ヘルスケア分野においては、国や文化・ライフスタイルの相違によって商品に対する公的規制や人々のニーズ・嗜好が異なりますが、私たちはその違いをしっかりと捉えて商品を最適にカスタマイズし提供しています。「その国の人々に必要とされるものを」というテーマで生産・販売を行っています。 また、現在、インド、南米、アフリカといった新興国への展開にも力を入れています。日本と気候風土や生活習慣が大きく異なるものの、市場としては豊かな可能性を秘めており、私たちは今までの海外展開で得たノウハウや体験をもとに新しい市場へと積極的に進出してまいります。

    国内外グループ企業