東日本大震災 被災地・被災者への支援について

東日本大震災 被災地・被災者へお見舞い申し上げます

このたびの震災により被害を受けられた皆さまに心からお見舞い申し上げます。 ロートグループでは、一刻も早い復旧のため、被災者・被災地域への支援をおこなっております。


弊社の対応について

義援金

東日本大震災による多くの被災者の方々の救済及び、被災地の復興に役立てていただくため、義援金として総額1億円を「ジャンパンプラットフォーム」及び「あしなが育英会」に寄付いたしました。また、引き続き全従業員及びグループ企業へも災害募金を呼びかけております。


震災孤児支援のための「震災復興支援室」を新設

当社のCSR活動の方針である「次世代支援」を実現するため、震災孤児の長期的な生活と勉学の支援を行いたいと考えております。
また、企業の社会的責任として震災復興に本格的、継続的に取組むにあたり、平成23年4月より1年間、取締役の月例報酬の10%を自主返上し、活動資金にあてることといたしました。


医薬品提供

業界団体を通じて、目薬などを被災地にお送りする緊急支援活動を行なって参ります。


省電力への取り組み

屋外広告塔の消灯及び、事業所内の各種節電に努めております。多くの被災者の方々及び被災地の1日でも早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げると共に、当社としても出来る限りの支援を実施してまいります。


震災復興支援室について

新設の震災復興支援室のメンバーが決まりました。社内からの数十人の応募者の中から、福島市出身の女性社員も含め、6名が選ばれました。被災者の方々の支援、特にご家族をなくされた次世代を担う子供たちを長期的な視点で支援していきたいと願っています。
今、なにしろ初めてのことだけに暗中模索の中、全員が熱い心と希望をもって活動の準備にとりかかっています。
なお支援室設立発表以後、多くの個人や団体の方々から、あたたかいご声援等をいただいており、大変ありがたく感謝しております。