排卵日検査薬と基礎体温

排卵日検査薬とは 排卵の予測

排卵日検査薬は尿中のLH濃度の上昇をとらえる検査薬で、LH濃度の上昇が始まってから36時間以内に排卵がおこるという身体の仕組みを利用して排卵日を予測するものです。

基礎体温とは 排卵の確認

基礎体温は、朝、目を覚ました時、そのままじっと動かずにはかります。一般的に、排卵のある周期では低温相、高温相の二相性を示します。

排卵は低温相から高温相に変化した頃にあったと推定できますが、通常は高温相に移行してから排卵があったことが確認できるので、基礎体温では排卵を前もって予測することは難しいといわれています。

基礎体温 グラフ

黄体形成ホルモン LH とは?

(LH:luteinizing hormone)
成熟した卵胞に作用して、卵巣から卵子を排出(排卵)させます。普段から少量分泌しているのですが、卵子が成熟した頃、分泌量が急激に増加し、その急上昇によって排卵がおきます。
一般的に、血中および尿中のLH濃度の上昇が始まってから約36時間以内に排卵がおこる事が知られています。

黄体形成ホルモン グラフ

まれに、LH濃度の上昇があっても排卵のない場合もあります。より正確に排卵日を知るために排卵日検査薬と基礎体温の計測を併用することをおすすめします。