ハイドロキノン配合のブライトニング美容液が進化!「エピステーム HQブライトコンセントレイトa」2月22日新発売

製薬会社の先進的技術を応用したスキンケアブランド「エピステーム」の新製品

ハイドロキノン配合のブライトニング美容液が進化!「エピステーム HQブライトコンセントレイトa」2月22日新発売

2012年2月20日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、効果への高い評価と支持を得て、ブランド内累計販売 個数No.1実績※1を誇る、ハイドロキノン※2配合のブライトニング美容液を肌に留まる密着力と浸透感をアップした新処方へと進化させ、「エピステーム HQブライトコンセントレイトa」として2月22日、リニューアル新発売します。
本品は長年、ハイドロキノン研究を積み重ねた当社が高純度のハイドロキノンを用い独自開発したブライトニング美容液です。今までとは一線を画した白の新境地へ、ブライトニングケアにこだわる女性へ向けた集中美容液です。伊勢丹新宿店、東武池袋店、阪急うめだ本店、高島屋大阪店、高島屋京都店、The episteme スキンケア サロンの6店舗で発売します。
※1:2009年9月2日~2012年1月19日販売実績 ※2:整肌成分

商品特長

  1. 医療機関で使われているハイドロキノン配合。白肌感に着目した処方設計。
    潤いを与えて、透き通るような肌へ導きます。
    皮膚科等で使われているハイドロキノン(整肌成分)を配合しています。2005年より医療機関で導入されている当社のハイドロキノン美容液は、安定に保つことが難しいとされるハイドロキノンの安定性が良く、さらに低刺激であることから高い評価を得ています。その技術力と蓄積された知見を生かし、安定性が高く、白肌感に着目した製剤を開発しました。潤いを与え、透き通るような肌へ導きます。
    <ハイドロキノン>
    医療現場でも使われている成分で、米国では医薬品の成分としても認められています。日本では2001年の薬事法改正により、化粧品成分として医師やメーカーの責任のもと使用できることになりました。
  2. 肌への密着力と浸透感をアップ※3。ピンポイントの悩みを狙い撃ちする高密着パック処方。
    柔軟性のあるストレッチポリマー主体の基剤へと変更し、肌への密着力を高めました。パックのように肌に密着する「高密着パック処方」で浸透感をアップ。肌の凹凸にフィットし、ピンポイントの悩みを狙い撃ちします。
    ※3:従来品(エピステームHQブライトコンセントレイト)と比較
  3. 多角的にアプローチする処方設計。
    効果的なブライトニングケアを考え、多角的にアプローチする処方を採用。ハイドロキノン(整肌成分)の他、トコフェロール(保湿成分)、ビタミンC(アスコルビン酸/保湿成分)、ツボクサエキス(保湿成分)などの成分を配合し、 角質層へ奥深く浸透して潤いを与え、透明感あるクリアな肌へ導く処方設計です。


【エピステームとは】

ギリシャ語で「真の知」を意味する「エピステーム」は、美しさを内外で考えるロート製薬の研究と最先端技術を応用して2009年9月に誕生したトータルスキンケアシステムです。糖化など肌を老化させる要因に着目し、先進的研究で肌の摂理に基づき、肌全体の印象に多角的にアプローチし、真のエイジングケア※4を目指します。
当社としては初となる百貨店チャネルへの展開を通じて、直接お客様にお会いし、お客様1人1人の状態に合わせた商品とケア方法をお伝えしています。

現在、国内5ケ所の百貨店とThe epistemeサロン(汐留)にて展開中です。また、2010年1月には中国・上海で「嬡碧知(エピステーム)」として発売し、現在5都市(上海、北京、天津、成都、瀋陽)8店舗の百貨店、および、直営店(上海新天地)を展開し、順次、店舗数を拡大予定です。

※4:年齢を重ねた肌にうるおいやハリを与えるケア

【商品概要】

商品名 エピステーム® HQブライトコンセントレイトa
分類 化粧品
容量 12g
価格 13,650円(本体:13,000円)
使用方法
  • 夜のお手入れ専用でお使いください。
  • 化粧液・乳液などでお肌を整えたあと、お手入れの最後に少量ずつ指先にとり、気になる部分にやさしく塗りこむようになじませてください。
  • 日中は日焼け止めを使用するなど、必ずUVカットを行ってください。
  • 「エピステーム」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第5152349号)です。
  • 」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第5216401号)です。
  • 「真の知」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第5324882号)です。