「女性健康科学研究会」第4回助成テーマ 決定!

「女性健康科学研究会」第4回助成テーマ 決定!

~「ウェルエイジング」を目指し、女性の健康に対する多角的な研究を奨励します~

2013年5月23日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)が女性健康科学研究会と共同で、2010年に設立した研究助成の第4回受賞者が決定しましたので発表します。2013年5月25日(土)、グランフロント大阪(大阪市)において、第4回女性健康科学研究会総会ならびに授賞式を行います。

「女性健康科学研究会」とは

「いつまでも心身ともに健やかで美しくありたい」という女性達の願いに応えるために2010年に設立。あらゆる専門領域の視点から、女性の健康に影響を及ぼす原因に対する調査・研究を行い、疾患予防ならびに治療法の体系化・普及させることを目的としています。ロート製薬は研究会の活動に共感し、「ウェルエイジング」活動の一環として、研究会と共同で助成を行っています。専門医からなる選考委員会において厳正かつ公正に審査し、6名の研究者に研究費(1件50万円×3名、1件30万円×3名)を授与します。

  • 特長1
    女性の健康を対象とした研究であれば、領域を問わずテーマを受け付けます。
  • 特長2
    計画性や独創性、社会還元性等、複数の観点から、より女性の健康な生活に貢献できるテーマを選択します。

<第四回 受賞者・テーマ一覧>

※1名辞退のため、5名の授賞となります

【助成金 50万円】

  • 小塚 智沙代氏
    琉球大学大学院医学研究科 内分泌代謝・血液・膠原病内科学講座(第二内科)
    日本学術振興会 特別研究員
    『食行動改善に関わる新しい脳内メカニズムと健康科学への応用
    ~高脂肪食に対する好みを和らげる玄米成分の同定と作用機序~』
  • 田中 優美子氏
    筑波大学医学医療系放射線医学 講師
    『MRIを用いた卵巣癌の組織分類に関する研究 -術前化学療法を成功させるために-』
  • 山川 淳一氏
    金沢医科大学総合内科学 講師
    『女性における加齢の内臓脂肪に及ぼす影響と漢方薬によるその改善に関する研究』

【助成金 30万円】

  • 川内 恵美子氏
    大阪大学大学院医学系研究科保健学専攻 総合保健看護科学分野 生命育成看護科学講座
    『仕事へのやる気(ワーク・エンゲイジメント)をキーワードにした産科医療従事者の労務管理への提案』
  • 田中 景子氏
    福岡大学医学部 衛生・公衆衛生学 講師
    『出生前後の生活習慣、生活環境が産後女性の歯周疾患に及ぼす影響:九州・沖縄母子保健研究』