瀬戸内産レモン果汁(うるおい成分)配合の『極水(キワミズ) レモン化粧水』限定新発売!

化粧水売上個数No.1※1「肌研(ハダラボ)」のオイルカット化粧水『極水(キワミズ)』から 瀬戸内産レモン果汁(うるおい成分)配合の 『極水(キワミズ) レモン化粧水』限定新発売!

2015年4月15日

肌研(ハダラボ)ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、化粧水売上個数No.1※1の「肌研(ハダラボ)」ブランドのオイルカット化粧水『極水(キワミズ)』からレモンの美肌作用に着目し、瀬戸内産レモン果汁を配合した『極水(キワミズ) レモン化粧水』を限定新発売します。本品はべたつかずに肌※2にすーっと浸透し、うるおってさらさらの肌に導きます。また、レモン果汁(うるおい成分)のほのかな香りがすっきり爽やかで、暑い季節にぴったりです。
肌への優しさを考慮し、無香料・無着色・オイルカット処方を採用。健康な素肌と同じ弱酸性です。
2015年4月25日(土)に全国の薬局・薬店等で新発売致します。

※1:インテージ SRI 化粧水市場 2014年1月~2014年12月 累計販売個数
※2:角質層
極水(キワミズ) レモン化粧水

発売の背景

  1. さらさらした使用感のニーズ
    現在の化粧水市場ではとろみがあるものが大半ですが、さらさらの使用感を好む方も約4割おり、特に若い女性を中心にさらさらの使用感を好まれる傾向があります。そんな若い女性をターゲットに2014年7月に発売した「極水(キワミズ) ミネラルアミノ化粧水」は肌内部※2はうるおうのにさらさらの使用感がご好評いただいております。
  2. フレーバードウォーターが人気
    水に少量の果汁やフルーツの香りなどを加えた「フレーバードウォーター」が、若年層を中心に年々市場を伸ばしています。富士経済によるとフレーバードウォーター(発砲性商品を除く)市場は平成23年のメーカー出荷額が236億円だったのに対し、25年は1.5倍の355億円に急成長。27年には445億円に達すると予測しています。
    (出典:富士経済「2014年清涼飲料マーケティング要覧No.2」)
  3. 化粧水にもフレーバーを
    そこで、若い女性を中心に人気の『極水(キワミズ)』から、瀬戸内産レモン果汁を配合し、ふわっと香りも楽しめる「極水(キワミズ) レモン化粧水」を発売することにいたしました。

製品特長

瀬戸内産レモン果汁(うるおい成分)を配合

レモンの美肌作用に着目。ふわっとレモンの香りが爽やかな化粧水に仕上がりました。

素肌そのものが持つ、6種類のミネラルと2種類のアミノ酸に加え、ビタミンC誘導体※6を配合。

肌そのものが持つミネラル等のバランスに着目し処方開発を行いました。
肌の保湿成分(天然保湿因子)であるミネラルとアミノ酸に加え、ビタミンC誘導体※5を配合。肌にうるおいを与えます。

*ミネラル:塩化Ca※3、塩化Na※3、塩化K※3、アスパラギン酸Mg※4、グルコン酸銅※4、グルコン酸亜鉛※4
*アミノ酸:アルギニン※5、ベタイン※5

※3:基剤、※4:整肌成分、※5:うるおい成分

べたつかない使用感、さらさらの仕上がり。

さらさらの仕上がりの秘密は、オイルカットとさらさら保湿成分の絶妙なバランスの組み合わせ。

※2の深部まで浸透し、さらさらの使用感でもしっかり潤います。

※2に浸透し、うるおいで満たします。さらさらの使用感なのに、驚きの保湿力を実現。

無香料・無着色・オイルカット。

肌への優しさを考えた処方です。

商品概要

商品名 極水(キワミズ) レモン化粧水
商品写真 極水(キワミズ) レモン化粧水
販売名/分類 キワミズ化粧水FL/化粧水
容量/価格 180mL/オープン価格
  • 」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第4857531号)です。
  • 「肌研」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第4887842号)です。
  • 「ハダラボ」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第4846459号)です。
  • 「極水」は、ロート製薬株式会社が使用する商標です。
  • 「キワミズ」は、ロート製薬株式会社が使用する商標です。
  • 」は、ロート製薬株式会社が使用する商標です。