ロート目のニュースレターvol.1「敬老の日に、大切な人の「目」を考えませんか?」

ロート目のニュースレターvol.1「敬老の日に、大切な人の「目」を考えませんか?」 あなたの目、本当に見えていますか? 片目でチェックしないと気づきにくい病気「加齢黄斑変性」とは

  • 欧米で失明原因の第一位?!
  • 加齢黄斑変性は、目の生活習慣病?!
  • 片目にならないと気づきにくい!一度試してほしい「加齢黄斑変性 自己チェック」
  • 目の健康を維持するために、できること

2015年9月17日

【ロート製薬 目のニュースレター】PCやタブレット、スマートフォンの普及により、私達の目を取り巻く環境は変化しています。そこで、106年間日本のお客様の「目」と向き合ってきたロート製薬から、目に関する情報を発信します。Vol.1は、両目で生活していると見えてないことに気付かず、進行するまで気づきにくい目の疾患、「加齢黄斑変性」についてお届けします。

40歳以上の4人に3人が感じる、目の変化

40歳以上の74%が、加齢による目の変化を感じている事が当社調査※1により分かりました。20~30代と比較しても、気になっている目の悩み・症状があるという人は40歳以上で多くなっています。
また、年齢による目の悩みの変化では、年齢を重ねるごとに『目のかすみ』に悩む人が増えており、現代のアクティブシニア世代※2ではスポーツ、読書、旅行など様々な趣味を満喫する為に目を酷使する事で目が疲れてかすみを感じると考えられます。

※1:2012年実施 n=1,954名、40歳以上の男女、ロート調べ
※2:活動的なシニア世代を指す
※3:2009年実施 n=3,863名、30~70代男女、ロート調べ

両目で生活していると、気づけない目の病気がある!

また、特に見え方の変化を自覚していなくても、実は気づかないだけで変化が起きている場合もあります。高齢者が気をつけたい見え方の変化が現れる病気には、緑内障や加齢黄斑変性など様々なものがあります。
けれども両目で生活していると、片目の視野に異常があっても気づきにくく、両目で生活していると、知らない間に病気が進行していることもあります。
今回は、最近増えており、注意が必要な「加齢黄斑変性」について、眼科医の梶田先生にお話を伺いました。

【監修】梶田雅義先生 梶田眼科院長(東京都・港区)

かじた まさよし ●福島県立医科大学卒業後、同大学講師、カリフォルニア大学バークレー校研究員などを経て、2003年梶田眼科開業。Best Doctors in Japan 2012-2013、2014-2015受賞。眼の調節機能のプロとして、特許庁標準技術集「メガネ」作成委員会委員なども務める。現在は日本眼光学学会理事、日本コンタクトレンズ学会理事、日本眼鏡学会評議員など。