ロート目のニュースレターvol.2「見え過ぎはキケン?!現代の目は見えすぎなくていい」

目の情報第二弾!パソコン、スマートフォン…目を取り巻く環境が変化する現代の真実 見え過ぎはキケン?!現代の目は見えすぎなくていい 疲れ目の本当の正体とは。目の疲れを取る&予防する6つの習慣。

  • 視力がいい人ほど、疲れやすい?!
  • 疲れ目の原因とは
  • 現代の目は、見えすぎなくていい。
  • 体の不調につながる前に…目の疲れをコントロールする6つの習慣。

2015年10月1日

パソコンやスマートフォンの普及等、私たちの目を取り巻く環境はここ数年で激変しています。ロート製薬は現代の目に関するリアルな情報を発信していきたいと考えています。第一弾「加齢黄斑変性」に続き、第二弾は「疲れ目の正体」について、梶田先生にお話を伺いました。

※本リリースの内容は「太陽笑顔fufufu」9月号でも掲載しています。
http://fufufu.rohto.co.jp/feature/22691/

現代の「目」は頑張りすぎている?!「見え過ぎはキケン?!」の正体とは

昔から「目がいい」と言えば視力1.5以上、教室で後ろの席から黒板の文字が良く見える、等で判断されていましたが、現代のパソコンやスマートフォン等、近くのものを見る事が多い生活では、必ずしも「遠くが見える」ことがいい、とは限らないようです。「視力がいい」と言われてきた人ほど、最近は目の疲れを訴えることが多くなっています。また、メガネやコンタクトレンズで遠くが良く見えるように調整することも生活には必要ですが、必要以上に「過矯正」になっていませんか?遠くを見るために矯正されている目は、近くを見るときにとても頑張らないといけないのです。見え過ぎはキケン?!のメカニズムについてご紹介します。

目は脳の出張所!視力は変えられなくても、目の疲れはコントロールできる!

脳が直接支配する12本の神経のうち、6本が目の機能に使われると言われています。目の疲れをそのまま放置すると、やがては体にまで影響し、肩こりや冷え症にもつながります。目の疲れはしっかり取ることが大切です。視力は変えられなくても、目の疲れはコントロールする事が出来ます。目の疲れを取る&予防する6つの習慣をご紹介します。

【監修】梶田雅義先生 梶田眼科院長(東京都・港区)

かじた まさよし ●福島県立医科大学卒業後、同大学講師、カリフォルニア大学バークレー校研究員などを経て、2003年梶田眼科開業。Best Doctors in Japan 2012-2013、2014-2015受賞。眼の調節機能のプロとして、特許庁標準技術集「メガネ」作成委員会委員なども務める。
現在は日本眼光学学会理事、日本コンタクトレンズ学会理事、日本眼鏡学会評議員など。