こん

再生医療を頑張る中途入社社員
ロートネーム:こんちゃん
2016年入社 / 研究開発職
再生医療研究企画部

ロート製薬に入社(転職)したきっかけ

今後の医療として期待される再生医療に自分も携わりたいと考えていたので、ロートが再生医療の事業化に取り組んでいることに興味を持った事がきっかけです。ロートの新規事業に挑戦する思いや再生医療への本気度を感じ、自分もその一員として貢献したいという気持ちが強くなりました。再生医療は未知の分野でしたが「これまでの医薬品の研究や臨床開発の経験を生かして開発に携わりたい!」という思いで入社しました。

ロートへの転職は狙い通りだったか?

採用面接時に希望した、再生医療等製品の臨床開発を主に担当しています。ロートの研究開発から生まれた開発製品の実用化に向け、再生医療等製品として国の承認を得るためにどのようなデータが必要で、どうやって取得するかを日々検討しています。患者さまに対して、これまでになかった新しい医療を提供することが最終的な目標で、その実現のために医療機関やドクターと臨床試験の実施に向けて準備を進めています。再生医療は国の成長戦略の柱として世間の期待も高まっていますが、一方で実用化に向けての課題も多く判断に迷うことがたくさんあります。それでも事業化に向けて着々と進めてきた同僚達の協力を得ながら、日々チャレンジしています。

ロート製薬で働いて魅力に感じること

社員一人ひとりがものづくりに対する意識が高く、その環境で仕事を進められることに魅力を感じています。ロートは歴史のある目薬だけでなく、農業、食品、漢方、スキンケア、OTCそして再生医療と食から薬まで多岐に渡る事業を手掛けている会社ですが、部署間に壁がなく風通しの良い組織です。全社員が共通に目指していることは「人々の健康に寄与する」ことであり、社内ダブルジョブや兼業も認められたことで部署間だけでなく社外でも活躍されている方が多くいます。現在は入社したばかりでひとつの部署で精一杯ですが、将来的には社会に貢献できるような仕事もしていきたいので、そのためにはどうしたら良いのかを考え行動することが自分のさらなる成長にも繋がると考えています。

仕事においてのモットーは何ですか

仕事を進めるうえで大切にしていることは2つあります。ひとつ目は「色々な視点から考えること」です。仕事を進めていく上で専門性も大事ですが、時として視野が狭くなりがちです。色々な視点から考えることは、プロジェクトの中における自分の業務を客観的に見つめ直すことができ、迷った時にも新しい切り口で業務を進めるきっかけになりますので、常に意識しながら仕事をしています。ふたつ目は「どんなに忙しくても笑顔で過ごすこと」です。忙しいと余裕がなくなり周りが見えなくなりがちですが、それでは周りにも悪い影響を与えて悪循環です。気持ちに余裕をもって業務を進めることで、結果的に周りの人にも良い影響を与える事ができるので、日々、笑顔で過ごしています。

どんな方がロートに合っているか?

ロートは社員一人ひとりが自らの意志で動く社風なので、与えられた仕事に満足せず自ら考え動ける方、目標を達成するために何が必要かを常に自分で考え、邁進できる方がロートには向いていると思います。

入社後のギャップは?

歴史のある会社のため決まったルールで業務を進めるというイメージがありましたが、ルールのない事が多く最初は驚きました。しかし業務を進めていく中で、あらゆる場面で社員一人ひとりの判断に任せて、一人ひとりの個性を引き出してくれる会社だと理解できました。

次のインタビューを見る

TOPページへ戻る