まし

営業を頑張る中途入社社員
ロートネーム:ましちゃん
2012年入社 / 総合職
西日本営業部

ロート製薬に入社(転職)したきっかけ

前職も同じ業界で働いており、外から見たロート製薬は提案力があり、新商品も多く新しいカテゴリーへの参入に力を入れていると感じていました。その多くの魅力ある商品をお客様のもとへ届ける仕事や提案をしたいと考え、転職しました。

ロートへの転職は狙い通りだったか?

ロートに転職してまず感じたことは、自分が入社する前に考えていた以上に商品数が多いことです。医薬品(目薬・胃腸薬)だけではなく肌ラボなどのスキンケアにも注力しており、様々なお客様の悩みに応えられるよう商品提案を行っています。この数多くの商品を少しでも多くのお客様の元へ届けられるように、売り場提案や商品勉強会などを行っています。やりたい仕事に近づけて、転職は狙い通りだったと感じています。

ロート製薬で働いて魅力に感じること

営業として多くの商品をお客様へ提案できる事は、とても魅力的な事だと感じています。それだけではなく、ロートではノルマと言う考え方がありません。目標設定を自分で行い、その達成に向け日々試行錯誤しています。やらされ仕事ではなく自発的な行動や意識がとても重要になる為、高いモチベーションと高い意志が必要であり大変なこともあります。しかし、これを達成した時の喜びは大きくとても魅力的な働き方だと感じています。

仕事においてのモットーは何ですか

「一期一会」。仕事を通じて沢山の方々に支えていただき、素晴らしい出会いがたくさんありました。また、営業の現場は商品を通してお客様と出会いの場とも考えています。福岡支部では毎週お客様の声を共有しており、モチベーションアップに繋がっています。どんな形でも出会った人との時間を大切にすべきだと考えて、仕事に取り組んでいます。

どんな方がロートに合っているか?

ロートは多岐にわたるカテゴリー展開に収まらず、食ビジネスや再生医療にもチャレンジしています。ロート社内で「ド・シ・ロート」と言う言葉があるように、専門知識のない人が専門分野に飛び込むことがあります。自由な発想で可能性を伸ばしていこうと考える会社なので、チャレンジ精神の大盛な方が合っていると思います。

入社後のギャップは?

最初に驚いた事は、社内の呼び名は「ロートネーム」であることです。上司に対しても役職は付けずに「さん」で呼びます。社長であっても「さん」や「ロートネーム」で呼び合うことで、とてもフランクな環境で働く事ができています。

次のインタビューを見る

TOPページへ戻る