知ロート採用

「“ひと”を深く知る」新しいロート製薬の採用のかたち

ロート製薬は「自分で考え、自ら行動を起こせる人」を求めている。
製薬だけに留まらず「世の中の健康に貢献したいと願う人」を求めている。
裏を返すと自らの意思がなく、与えられることを待っているだけでは全く活躍できないフィールドでもある。

大切にしているのは“ひと”。
一人ひとりがどんな想い、どんなこだわりをもって仕事に臨むのかが問われる。
役職などには捉われず、強い意思をもって仕事に臨み、一人ひとりが会社を動かしている。
そんなロート製薬の仕事を知るには、第一線で働くロートの“ひと”(先輩社員)を知ることがいちばん。
実際に会い、話を聞き、肌で体感してもらうことがいちばんだと考える。

私たちも、あなたという“ひと”を深く知りたい。
どんな経験や考えをもち、どんなこだわりがあり、どんな仕事をしたいと思っているのか。
そんな“ひと”と“ひと”が、深く知り合えるような出会いをつくっていく。
面接ではなく、お互いが能動的に知ろうとするようなスタイル。

そんな新しい採用のかたち、「知ロート採用」始まります。

「知ロート採用」ルール

  • 先輩社員を知る

    まずはロート製薬の“ひと”がどんな想いやこだわりを持って働いているのかを知ってください。下記の「社員を知る」を良く読み、ロート製薬で働くことをイメージしてみてください。
  • セッション会へ応募する

    ロート製薬や先輩社員への興味を持ち、もっと深く知りたいと思った方は、直接お話するセッション会へお越しください。その際、お互いを知るために、あなたのことも事前に教えてください。
    各先輩社員のパーソナルページから「この先輩社員に会いたい」をクリックするとマイナビサイトへリンクしますので、そちらの応募要項に従いオファーシートを記入し応募してください。
    ※日程や開催場所の詳細はマイナビサイトをご確認ください。
    ※職種や部門も様々ですが、とくにご自身が活躍したいと思われるところでのオファーをお願いします。
    ※応募多数の場合はオファーシートからの選考とさせていただきます。
  • セッション会に参加する(先輩社員と会う)

    オファーを出した先輩社員の話、ロート製薬のより深い会社説明、参加者とのディスカッション等、3時間ほどのセッションを通して深く知ってもらいます。このセッション会にて④実習プログラム(インターンシップ)の選考も兼ねて行います。
    ※セッション会は随時開催します。(都度、開催時期をマイナビを通して告知いたします。)
  • 実習プログラム(インターンシップ)を受ける

    実際に短期間ロート製薬で働いてもらう実習プログラムに参加いただきます。
  • 最終選考へ

    実習プログラムを受けた上で、最終選考へ進んでいただきます。
  • 会社を知る
  • 社員を知る
  • 採用を知る
  • プロジェクト