あきっつ

マーケティングを頑張る社員
ロートネーム:あきっつ
2011年入社 / 総合職
商品企画部

入社のきっかけ

就職活動中に出会ったどの会社よりも働く人が魅力的で、一学生でしかなかった自分に真摯に向き合ってもらえたことが決め手でした。あだ名で呼び合う文化などロートを知れば知るほど衝撃の連続で、私もこの会社で魅力的な人になりたい!と思い入社しました。

もっとも印象に残っている仕事の経験

ロートで何の前例もない提案を、どのようにすれば形にできてお客様に届けられるのか社内外を問わず多くの方と連携しながら考えて、企画させてもらった経験は私の糧となっています。私はロート製薬初のメイクブランド「SUGAO」を立ち上げから担当しています。女性がメイクをする際に「ペタっと肌に塗る感触が苦手」と感じている気持ちに対して、「ふわっと軽く気持ちいいファンデ」という新しい価値観を提案する商品です。今までにないと思えるくらい軽い感触のテクスチャーをどうすれば形にできるかを開発の方々と何度も議論させていただき、ファンデーションのことを根本から理解するために、普段はなかなか見ることのない原料(化粧品をつくるための材料)ひとつひとつを触りながら突き詰めていきました。また「製薬会社でファンデーションを作る」ことは当時前例が無く、社内には本当に製品化できるのかという空気感も漂っていました。ですが「私だからこそこの商品を提案するチャンスを生み出すことができたし、完成した商品を絶対に喜んでくれるお客様がいる」という熱意をもち続け、多くの人とタッグを組みながら無事に商品化できたことは、私にとって大きな経験となりました。

ロート製薬で働いて魅力に感じること

社員の一人ひとりが主役という考え方が根づいており、責任が伴ったうえで若いうちから仕事を本気で任せてもらえることです。「会社はこんな若手に任せて大丈夫なのかしら?」と思うこともありましたが、任せてもらえたからこそ期待に応えたいという熱意をもって働くことができるのだと思います。

仕事においてのモットーは何ですか

誰よりも熱をもって目の前のことに取り組むことと、探究心を忘れないこと。担当した商品はどれも我が子のように可愛く、だからこそ社内の誰にも負けない熱意をもつことを大事にしています。また自分の考えや視野を狭めないよう、どんなことにも「これってどうしてなんだろう?」と知りたい欲を忘れずにいるよう意識しています。

どんな後輩と働きたいですか

何事にも興味を持ってチャレンジする、好奇心旺盛な方と是非仕事をしたいです。「好奇心旺盛」というのは、好きなことだけやる・関わることだけで満足、という意味ではありません。 仕事を通じて出会う様々なことに対し、何気なくこなしていくのではなく、「何で?」「どうして?」と自分なりに考えて行動していけるという意味での好奇心です。私もそういった方と、現状に満足することなく考え行動し、一緒に成長していきたいです。

The time of bliss

あなたの至福の瞬間を教えてください

あきっつ画像2

旅行に出かけることです。知らない土地はとても刺激的で、わくわくする気持ちを駆り立ててくれます。温泉めぐり、国内旅行、海外旅行と旅先はどこでも楽しみですが、最近は琵琶湖のほとりでグランピングをしたことがいちばんの思い出に残っています。

この先輩社員に会いたい!詳しくはコチラ