【肌のたるみに関する研究報告】ほうれい線の原因は、フェイスラインのたるみにあった?!

【肌のたるみに関する研究報告】ほうれい線の原因は、フェイスラインのたるみにあった?!

「肌のたるみ」を数値化する、新・測定法”たるみの二次元簡易的測定法”を開発

2012年11月20日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、「再生美容」や「機能性素材の探索」を研究テーマに掲げる研究拠点「ロートリサーチビレッジ京都」において肌のたるみに関する研究を行い、たるみ量の絶対量を測定できる独自測定法『たるみの二次元簡易的測定法』を開発しました。更に、この評価法により日本人女性の肌を評価した結果、フェイスライン(顔の外側)が一番たるみやすく、フェイスラインのたるみ量と見た目のほうれい線スコアは一致することを確認しました。本成果は2012年11月28日(水)、日本化粧品技術者会「第71回SCCJ研究討論会」(2012年11月28日~29日、東京都品川区で開催)において発表します。

1. 研究の背景

今回着目した「肌のたるみ」は、見た目の年齢に大きく影響を与える要素として知られています。当社は2010年に目視によるスコア化での「肌のたるみ」新評価法を開発しており、たるみの曲がり角が2回ある事を確認しました。しかし、スコア化では化粧品使用の影響等、細かい差を評価する事が難しいため、より正確で細部まで測定できる評価方法を作るため、たるみを実際に数値として測定できる評価法について研究を行いました。同時に、ほうれい線やマリオネットラインのみで判断するのではなく、顔全体のたるみを評価できるように工夫を行いました。


2. 「たるみの二次元簡易的測定法」について

半顔あたり15箇所の測定箇所を設け、仰向けで測定箇所をマークし、それが中心となるように「たるみ測定シールR」を貼付した後、仰向けでの半顔部分の写真を撮影。次に座位にした場合の半顔部分の写真を撮影し、両方の姿勢での撮影画像を重ね合わせることでマーク部分の移動距離を「たるみ測定シールR」から算出し、たるみ量としてスコア化しました。仰むけと座位では下方向への肌の移動(下向きのたるみ)が見られることは知られていましたが、従来の手法ではできなかった奥行きや斜め方向への移動距離を測定箇所において直接測定する事を初めて可能とし、より簡便で精度の高い測定法を確立しました。


3. 研究の成果

本測定法により40代女性の肌たるみを評価した結果、フェイスライン([1]~[4]:顔の一番外側)のたるみ量が最も大きく、一番下側([4])で最大のたるみ量となる事を確認しました。
また、目視による「ほうれい線スコア」と本評価法の結果は一致し、ほうれい線のスコアが高い人では[1]~[4]のたるみ量が大きいことが確認されました(グラフ無し)。
本結果より、肌のたるみはフェイスラインで起こり、これがほうれい線を形成する原因になっている事が示唆されました。


【用語解説】

ほうれい線

鼻の脇から唇の端に伸びる溝。


マリオネットライン

口角からあごにかけて斜めに出る溝。


【参考】

仰臥位(仰向け)と座位では重力のかかり方が変わるため、肌も違う方向に流れます。
肌にハリがある部位では仰臥位と座位で肌のたるみ量の変化は少なく、ハリが少ない部分では肌が流れやすいため、たるみ量の変化が大きくなります。
今回の「たるみ評価シールR」を用いた測定では、(測定箇所における)マーク部分の移動距離を360°どの方向でもとらえて測定できるため、各測定箇所でのたるみ量を比較することで、正確にたるみが起こっている部位を特定することができます。