「和漢箋」から『新・ロート小青竜湯錠II』新発売!

わかりやすい漢方薬ブランド「和漢箋(わかんせん)」から

『新・ロート小青竜湯錠(しょうせいりゅうとうじょう)II』新発売!

効果にこだわった自社開発エキス採用。花粉症・鼻炎に効果を発揮!

2013年12月10日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、わかりやすい漢方薬ブランド「和漢箋(わかんせん)」から、新たに自社開発エキスを使用した漢方薬「新・ロート小青竜湯錠II」を2013年12月22日(日)に全国の薬局・薬店で新発売いたします。本品はアレルギー反応などに働きかけ、つらい鼻水、くしゃみ、鼻づまり等の鼻炎症状に効果を発揮する漢方薬です。効果にこだわり独自抽出した自社開発エキスが症状をしっかり鎮め、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出る方の、花粉症や鼻炎などのつらい症状を改善します。抗ヒスタミン剤等、眠くなる成分は含まれていません。5歳から服用できるので子供のアレルギー性鼻炎にもおすすめです。
<効能・効果>体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

小青竜湯とは?

アレルギーなどによる鼻水や鼻づまりは、漢方では水のめぐりが悪くなることにより、みぞおちあたりの冷えとともに起こると考えられています。小青竜湯は身体を温めるとともに、発汗作用等により水を発散させ、鼻水、鼻づまりなどの鼻炎症状を改善する働きをもつ漢方薬。最近の研究では、生体が本来持つ防御機能に作用してアレルギー反応を抑える働きや、鼻づまりの原因となる鼻粘膜の血管拡張を抑制する働き、ヒスタミンなどの放出を抑える働き等があるとされています。このような働きにより小青竜湯は、つらい鼻づまりや鼻水などの鼻炎症状にすぐれた効き目をあらわします。抗ヒスタミン剤など、眠くなる成分は入っていません

小青竜湯は、辛い花粉症状に悩む方に、「効果」と「眠くなる成分が入っていない」の特長で、しっかり鼻炎症状を抑える漢方薬です。しかし、鼻炎内服薬ユーザーの「小青竜湯」の認知率は27%※1と低い実態が浮かび上がりました。一方で、約6割※1の方が「しっかり効きながら、眠くなる成分無配合の鼻炎に効く漢方薬を使ってみたい」と答えており、潜在ニーズは高い事が明らかになりました。
ロート製薬は効果にこだわった自社開発エキスを採用し新しくなった「新・ロート小青竜湯錠II」を発売し、花粉等による鼻炎症状に悩む方に、漢方薬で治療するという選択肢を提案いたします。

※1:n=207(鼻炎内服薬ユーザー)、ロート調べ(2013年9月インターネット調査)

新・ロート小青竜湯(しょうせいりゅうとう)錠II 特長

「新・ロート小青竜湯錠II」は、自社開発エキスを採用し、より効き目にこだわった製品へと生まれ変わりました。

  1. 自社開発のエキスを使用。効果にこだわった独自抽出法。

    漢方薬は処方内容(生薬の組成や量)が決まっているものの、生薬そのものの品質、生薬の刻み方やエキスの抽出方法等で、効果が変わります。「新・ロート小青竜湯錠II」は新たに、自社開発エキス(中国の天津ロート社で生産)を採用。しっかりと原料の品質を確認し、効果にこだわった独自の抽出方法を採用しています。花粉等のアレルギー症状は非常に辛く、効き目を求める方が多い中、花粉症・鼻炎にしっかりと効果を発揮します。
    「漢方薬は効き目が弱そう」といったイメージの方にもお試しいただきたい商品です。


  2. 眠くなる成分は入っていません。
    眠気の起こる抗ヒスタミン剤等は入っていません。
    仕事中や会議前、また、お子様の授業前、試験前にも。
  3. 5歳からのお子様にも。1日2回の服用でOK!
    5歳から服用可能。子どものアレルギー性鼻炎、花粉症にも。
    また、1日2回の服用で良いため、お母様の目の届く朝・夕に服用いただけます。


花粉症の低年齢化が進む一方、子どもの花粉症状に「対策をしていない」が過半数。

当社の調査(2012年12月実施、n=2587/0~16歳の子どもを持つ親)によると、0歳~16歳の子ども4,371人のうち、花粉症の子どもは25.7%。子どもの約4人に1人が花粉症であると感じているようです。また、花粉症の子どものうち、発症年齢は10歳までに発症した子どもが69.3%、5歳までに発症が36.6%と、低年齢での花粉症の発症が確認されました。その一方で、花粉症シーズン中の子どもの花粉対策については、「対策をしていない」が51.0%となりました。16歳までの子どもの4人に1人が花粉症と感じており、そのうち7割近くの子どもが10歳までに発症しているにも関わらず、約半数の親は花粉対策を行っていないことが分かりました。アンケートの体験談からは「子どもがマスクをしたがらない」などの声があり、子どもの花粉症対策は、大人以上に難しく悩んでいる親の実態が浮かび上がりました。お子様の花粉症対策には、「5歳から服用できる」「1日2回タイプ」「眠くなる成分が入っていない」、漢方薬の「新・ロート小青竜湯錠II」で症状を抑えることがおすすめです。



プロモーション

TVCM、新聞広告を行う予定です。



【商品概要】

販売名(分類) 新・ロート小青竜湯錠II(第2類医薬品)
商品

容量/希望小売価格 40錠(5日分※)/1,200円(税別)
80錠(10日分※)/1,900円(税別)
効能・効果 体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症
用法・用量 次の量を1日2回食前又は食間に、水又はお湯で服用してください。
成人(15才以上)…1回4錠、7才以上15才未満…1回3錠、
5才以上7才未満…1回2錠、5才未満…服用しないこと
※食間とは、食後2~3時間をさす
〈用法・用量に関連する注意〉
(1)用法・用量を厳守すること。
(2)小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させること。
効能・効果 次の場合の滋養強壮:血色不良、冷え症、虚弱体質、肉体疲労、病中病後、胃腸虚弱、食欲不振
成分・分量 (8錠中)小青竜湯エキス(1/2量)1950mg
(マオウ1.5g、シャクヤク1.5g、カンキョウ1.5g、カンゾウ1.5g、ケイヒ1.5g、サイシン1.5g、ゴミシ1.5g、ハンゲ3.0gより抽出)
添加物:セルロース、メタケイ酸アルミン酸Mg、炭酸水素K、CMC-Ca、ステアリン酸Mg
※本剤は天然物(生薬)のエキスを用いているため、錠剤の色が多少異なることがある。
※用法用量が15才以上の場合

  • 」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第5011529号)です。
  • 「和漢箋」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第4945319号)です。