0~16歳までの子ども2,452人の親に聞いた「子どもの花粉症」調査結果発表

0~16歳までの子ども2,452人の親に聞いた「子どもの花粉症」調査結果 父母が実感する「子どもの花粉症」は、2012年25.7%→2014年32.7%へ増加。「花粉症」は、「アトピー性皮膚炎」(10.6%)の約3倍以上に。

  • 発症年齢は“5歳まで”43.8%、“10歳まで”80.4%で、低年齢化傾向
  • 目の充血やかゆみがあっても、5人に1人は“目薬を使っていない”

2015年1月21日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市/社長:吉野俊昭)は、2014年12月、花粉症対策への啓発を目的に、0~16歳の子どもを持つ父母を対象とした「子どもの花粉症」アンケート調査を実施しました。このうち回答をいただいた父母1,522人及びその子ども2,452人の症状や実態等について、集計・分析を行いましたので、小児アレルギー専門医の見解と合わせてご報告します。

調査結果のポイント

「子どもが花粉症だと思う」は、2012年25.7%→2014年32.7%へ増加。

0歳~16歳の子どもを持つ父母のうち、子どもが「花粉症だと思う」と実感している割合は32.7%となりました。「花粉症だと思う」は、2012年のアンケートでは25.7%、2013年では28.8%となっており、子どもの花粉症が年々増加していると考えられます。(※医師の診断ではなく父母の実感によるものです。)

子どもの「花粉症」は、「アトピー性皮膚炎」の約3倍以上。

父母が実感する子どものアレルギー症状について聞いたところ、「花粉症」(32.7%)、「通年性アレルギー性鼻炎」(24.7%)、「アトピー性皮膚炎」(10.6%)、「喘息」(8.3%)という結果になりました。
「花粉症」は、「アトピー性皮膚炎」に悩む子どもの割合と比べると約3倍以上になりました。

発症年齢は低年齢化。花粉症の子どものうち、5歳までの発症は4割超。10歳までの発症は8割超。

自分の子どもの花粉症を実感している親にその発症年齢を聞いたところ、0歳から5歳までが43.8%(2012年36.6%、2013年41.8%)、0歳から10歳までが80.4%(2012年69.3%、2013年78.6%)という結果で、過去3年の調査と比較すると、花粉症の発症年齢の低年齢化がうかがえます。

目の充血やかゆみがあっても、5人に1人の子どもが“目薬を使っていない”。

「お子様は目をこすったり、かいたりすることはありますか?」と聞いたところ、34.0%の子どもが「目や目の周りの皮膚をかいている」という結果になりました。また「充血やかゆみがあり目をかいている」子どもは24.8%となり、これらの子どものうち19.0%が目薬を使っていませんでした。親が子どもの目のかゆみに気づいていても、約5人に1人が目薬を使っていない実態が明らかになりました。