包括的業務提携に合意。健康、食、美、運動、リゾート、シニア施設などウェルネス分野の取り組み強化

包括的業務提携に合意 健康、食、美、運動、リゾート、シニア施設などウェルネス分野の取り組み強化

2015年4月17日

ロート製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:吉野俊昭)と東急不動産株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:植村 仁)は、お互いの強みを生かし、広範な分野で業務提携し、事業の実施及び検討を開始する包括的業務提携に合意しましたのでお知らせします。

国民の健康志向が高まる中、バランスの取れた食生活や適度な運動は健康維持の重要な要素であり、加えてアンチエイジングや美容といった積極的な健康を求めるニーズも高くなっており、今後ウェルネス分野におけるサービス提供の重要性はますます増加してくると考えられています。こうした状況に対応するため、お互いが有する資源を提供・活用し、新たな健康サービス事業の共同実施及びブランド化を始め、両者のリソースをいかした連携を強化し、ウェルネス分野の取組みを拡充・強化していきます。

ロート製薬株式会社は、医薬品や化粧品の知識をはじめとする健康に関する見識に加え、無農薬野菜や果物の供給、薬膳などヘルシー料理の開発に関するノウハウを有しているとともに、従業員の健康管理を戦略的に実践している企業として「健康経営銘柄」に選定されています。
一方、東急不動産ホールディングスグループは、全国にスポーツ施設、リゾート施設、シニア住宅などを多く保有し、運動や栄養のカウンセリング知識及び施設運営に関するノウハウを有しています。

両者提携施策の第一弾として、東急不動産が運営する複合施設「TENOHA DAIKANYAMA」内に美・食・健康が連携した飲食・商品販売、情報発信スペース「si・empre(シーエンプレ)」を2015年4月29日(水・祝)にオープンいたします。

今回の両者の提携により、今般オープンする美・食・健康が連動したスペースの展開に加え、今後、無農薬野菜を使った健康的な食事の開発やリゾート施設等での提供を始め、シニア住宅を活用したアンチエイジングメニューの開発や提供等が可能となります。
こうした取り組みを通じ、両者が連携してウェルネス分野の先端的なサービスを提供・強化することにより、国の掲げる「健康寿命の延伸」の実現に貢献してまいります。

具体的な提携案

  1. TENOHA DAIKANYAMAにおける美・食・健康の連携スペース「si・empre」の共同実施、展開検討
  2. 高齢者向けアンチエイジングマッサージメニュー・美容プログラムの共同開発・実証展開
  3. リゾート施設、シニア住宅等における健康寿命延伸メニューの新規開発、実証展開
  4. 男性向け美容・健康メニューの共同展開協力

si・empre イメージ図(TENOHA DAIKANYAMA)

si・empre イメージ図

以上