地域活性化総合特区りんくうタウンに国際医療施設「メディカルりんくうポート」竣工

地域活性化総合特区りんくうタウンに 国際医療施設「メディカルりんくうポート」竣工 10月1日より開業いたします

2016年9月28日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)の子会社である株式会社りんくうメディカルマネジメント(所在地:大阪市、社長:瀬木英俊)が、関西空港対岸のりんくうタウンにて2015年3月の着工より建設を進めてきました国際医療施設「メディカルりんくうポート」が竣工し、本年10月1日より開業いたします。

本事業は、地域活性化総合特区として指定されたもので、大阪府や泉佐野市と共に、国際医療交流の拠点づくり“りんくうタウン・泉佐野市域”の中で、世界と結ばれる関西国際空港の目の前という立地特性を最大限に活かし、国内外の人々が訪れ交流し、魅力と活力のある地域をつくっていくことを目指しています。
国際医療交流の推進そして訪日外国人の促進を図る中で、血管内治療を主軸としたがん治療施設を建設し、国内そして海外からも患者様・医療関係者を受け入れ、新しいがん医療などを提供し、世界トップレベルの医療従事者を育成することに貢献していきます。
今回建設する建物概要は下記に記載のとおりで、高度がん医療を行う医療法人龍志会IGTクリニック(所在地:泉佐野市)、医療法人ヒグチ歯科医院(所在地:岸和田市)などが入居いたします。

健康を事業主体とする当社では、従来のヘルス&ビューティーの事業領域に留まらず、幅広く世の中の健康へ貢献していくとの考えのもと、OTCを中心としたビジネスモデルから再生医療への取り組みを加速させるなど、より専門的な医療領域や健康サービスなど周辺事業分野へのチャレンジを進めています。
そのような事業環境下のもと、本施設を建設することで当社は、泉佐野・大阪地域そして国内外の方々の健康、地域医療・国際医療の一助になるように取り組んでまいります。

施設の概要

建築名称:メディカルりんくうポート
用途:診療所、事務室、飲食店
建築主:株式会社りんくうメディカルマネジメント
設計:株式会社日建設計
施工:西松建設株式会社
敷地面積:6,285.63㎡
延べ面積:4,628.32㎡
階数:地上5階+棟屋1階
最高高さ:28.26m
構造:鉄骨造