ハッカ油とカルバゾクロムに『歯周組織再生』の基盤となる作用を発見

「再生医療」に取り組むロート製薬。肌再生研究を歯周病分野に応用。 ハッカ油とカルバゾクロムに『歯周組織再生』の基盤となる作用を発見 歯根膜線維芽細胞の増殖やコラーゲン産生促進作用を確認

2017年3月2日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、「肌再生」研究を歯周病分野に応用すべく研究を行い、ハッカ油が歯根膜線維芽細胞の増殖を促進する効果を持つことを発見しました。また、医薬品の有効成分(止血成分)として知られる「カルバゾクロム」が歯根膜線維芽細胞においてコラーゲン産生を促進し、さらに、コラーゲン分解を抑制する酵素「TIMP2」の産生を促進することを確認しました。これらの結果はハッカ油とカルバゾクロムが歯周組織再生の基盤となる作用をもつことを示すもので、歯周病で崩壊した歯根膜の修復に貢献すると期待できます。これらの知見を歯周病対策商品へと応用していきます。尚、本研究成果は「第17回日本抗加齢医学会総会」(2017年6月2日~4日、東京都にて開催)にて発表予定です。

研究の背景

当社は長年にわたり皮膚研究を続け、近年では再生医療分野への進出および幹細胞の皮膚研究への応用など研究の幅を拡げています。その中で、歯を支える「歯根膜」という歯周組織がコラーゲンを主体とし幹細胞も存在するという点で、皮膚と類似の組織であることに着目し、研究範囲を歯科領域へも拡げておりました。
元来、歯根膜などの歯周組織には皮膚と同様、自己再生力が備わっていますが、歯周病が進行するとその力を十分発揮できなくなり、歯根膜の破壊が進行します。成人の5人に4人が歯周病とも言われる現代において、これまでの肌再生研究で培った知見を生かし、歯周病治療に「歯周組織再生」の概念を取り入れた歯周病対策商品の開発を目指し、研究に着手しました。

<歯根膜について>

歯根膜は歯と歯槽骨の間に存在する、線維性結合組織です。歯根膜は約60%がコラーゲン線維でできており、そのコラーゲン線維束が歯と歯槽骨を強く連結することで、歯はぐらつかず機能を保つことができます。歯周病が進行すると、コラーゲン線維が慢性的な炎症により破壊されていき、重症の歯周炎では歯がぐらついたり、抜けたりすることもあります。

研究の成果

ハッカ油が歯根膜線維芽細胞の増殖を促進する

歯根膜線維芽細胞はコラーゲンなどの歯根膜構成成分を生み出す細胞です。ハッカ油を添加した歯根膜線維芽細胞において、細胞増殖が促進されることを確認しました。

試験方法:歯根膜線維芽細胞を培養後、ハッカ油を添加し、さらに培養し、細胞数を測定した。

カルバゾクロムがコラーゲン産生を促進する

カルバゾクロムは医薬品の有効成分として用いられる止血作用をもつ成分です。今回、カルバゾクロムを添加した歯根膜線維芽細胞において、コラーゲン産生が促進されることを確認しました。

試験方法:歯根膜線維芽細胞を培養後、カルバゾクロムを添加しさらに培養し、コラーゲン量の測定を行った。

カルバゾクロムが歯根膜線維芽細胞のコラーゲン分解を抑制する酵素「TIMP2」の産生を促進する

カルバゾクロムを添加した歯根膜線維芽細胞を培養し、分泌されたタンパク質の網羅的解析を行ったところ、コラーゲン分解を抑制する酵素「TIMP2」の産生が亢進していることを確認しました。また、遺伝子発現比較を行ったところ、「TIMP2」遺伝子の発現上昇を確認できています。

試験方法:歯根膜線維芽細胞を培養後、カルバゾクロムを添加しさらに培養し分泌されたタンパク質の網羅的解析を行った。また、歯根膜線維芽細胞にカルバゾクロムを添加しTIMP2の遺伝子発現解析を行った。

考察

歯根膜はコラーゲン含有量が高く、その量は線維芽細胞により維持されています。今回、ハッカ油が歯根膜線維芽細胞を増殖し、カルバゾクロムがコラーゲン産生を促すことを確認しました。カルバゾクロム添加の際にはTIMP2が発現しており、コラーゲン分解の抑制作用もあると考えられます。
これらの結果より、ハッカ油とカルバゾクロムは歯根膜の再生をサポートするのに有用であると考えています。