100日間の健康増進プロジェクトを実施

病気になりにくい体をめざす!全従業員が参加!!

100日間の健康増進プロジェクトを実施

製薬会社として社員の健康意識を高める応援プロジェクト

2012年12月20日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、「健康産業に従事する者は心身ともに健康でなければならない」との考えから「All well=みんな健康」をスローガンに、気候と体調に合った「食改善」と「ストレスコントロール」の必要性を提案した福利厚生施設「スマートキャンプ」を大阪で2004年より運営。社員と家族を対象として心身ともに健康を目指し、サポートを行っており、自発的に健康活動に取り組み社風作りを目指して2011年11月からロート製薬で働く全従業員1,464名(会長、社長、国内外出向者を含む)が100日間かけて、卒煙、肥満改善に向けて、明確な数値改善を見ることで健康への意識を高める活動を行いました。
この活動は『健康増進100日プロジェクトBMI+1(プラスワン)グランプリ』と名づけ総勢1,464名が参加。BMI値を疾患率が最も低いと言われている20~22の範囲に個人の目標をおくと同時に、チーム目標として各チームで設定した“+1(プラスワン)種目”を加えて点数を競わせる事で楽しみながら健康になる事を推進するプロジェクトに取組みました。参加者を4期にわけて実施し、BMI値を改善する個人目標と同時にチーム種目の+1(プラスワン)は、腹囲・体脂肪率・筋肉量・柔軟性・腹筋・禁煙の中からチームで選び、現状からの改善を目指す。メンバー全員で目標に向けた取り組みを行った結果、全体の42%が100日後にはBMI値20~22を達成。今後もロート製薬株式会社は健康増進に勤めていきます。

『健康増進100日プロジェクトBMI+1(プラスワン)グランプリ』のルールとは?

  1. 100日間、個人目標とチーム目標に向けて努力し、改善度をポイント化
  2. 個人目標は全員共通でBMI値20~22の範囲を目指す
  3. チーム目標では、6~9人のグループで個人目標以外に+1(プラスワン)として、7項目(BMI・腹囲・体脂肪率・筋肉量・柔軟性・腹筋・禁煙)の達成を目指す
    進捗・改善度をポイント化し、競う

100日後には全体の42%が個人目標のBMI値20~22を達成!

疾患率最も低いと言われているBMI値20~22を目指しロート製薬従業員1,464名が日々努力した結果、BMI値20~22をクリアしていたのは開始時527名(全体の36%)でしたが、100日後には619名(全体の42%)と、6ポイント増える結果となりました。また、開始時BMI値が「23」以上の社員536名においても、65%が-1ポイント以上BMI値を改善することに成功し、さらに約20%の人が100日後にはBMI値20~22に落とすことが出来ました。


+1(プラスワン)種目における腹囲部門では、8割が1cm以上改善!

プラスワン種目の中で、最も多くの社員が取り組んだのは腹囲。709名がチャレンジし、100日後腹囲-1cm以上を果たしたのは、約8割(570名)でした。減らした腹囲の長さはトータルで2300cmにもなります。


一説によると、腹囲が1cm減ると、脂肪1kgが減ったことになる、とも言われています。これで計算するとプロジェクト期間中に減らせた脂肪を合計すると2.3トン(サイ1頭分)に相当します。

  • BMI(Body Mass Index)とは…体重と身長の関係から算出される、ヒトの肥満度を表す体格指数です
  • BMI計算方法:BMI=体重kg/(身長m)2
    例)身長160cm・体重50kgの場合、BMI値は19.5と計算されます
  • BMI値を1減らすには、個人差はありますが、平均1~3kgの体重減と言われています

実際の健康増進に取り組む風景



健康増進継続意向 従業員の80%が前向きな意見!

100日間の『健康増進100日プロジェクトBMI+1(プラスワン)グランプリ』を終えた従業員の80%は、健康により関心を持つことが出来、健康を維持するために取り組み継続意向を感じています。

参加者の声


  • 健康が大切だと改めて分かった
  • 体調のよさを実感したので継続したい
  • せっかく手に入れた体型を維持したいので継続する
  • 無理なく出来る事を取り入れたので続けたい
  • 家族から褒められたので
  • 体に変化があり、生活に張り合いがでてきた

ロート製薬株式会社は、今後も製薬会社として『健康産業に従事する者は心身ともに健康でなければならない』という考えのもと健康増進に努めていきます。