加齢臭の原因を吸着抑制するコンディショニング成分を発見

加齢臭対策、除去だけでは不十分だった!?吸着抑制も重要! 加齢臭の原因を吸着抑制するコンディショニング成分を発見 発見した成分をヘアケア用コンディショナーに応用

2016年6月22日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:吉野俊昭)は、加齢臭の原因である2-ノネナールの吸着を抑制する成分を発見しました。また発見した成分を配合したヘアケア用コンディショナーの開発にも成功しました。この技術を今後、製品に応用していく予定です。

研究の背景

当社は2000年に制汗剤市場に参入して以来、汗とニオイに関する研究を進めてまいりました。特に、加齢臭の原因である2-ノネナールは水だけでは落ちにくく、少量でも強く感じるため、完全に除去することが必要です。当社は2-ノネナールの高い除去技術を確立し、ボディウォッシュやシャンプー等の洗浄剤に応用してまいりました。ニオイに対する研究を重ねる中、2-ノネナールを除去するだけでなく、新たに「2-ノネナール吸着抑制」に着目し、吸着を抑制する素材探索を行いました。

2-ノネナール吸着抑制に着目

通常シャンプーで洗髪するとキューティクルが開くため、洗髪前よりも2-ノネナールを吸着しやすくなると考えられます。また、髪にダメージがある場合は、正常毛よりも2-ノネナールを吸着しやすくなります。
キューティクルを再び閉じ、傷んだ髪を補修するためにコンディショナーなどが使われますが、当社の研究で、使用すると逆に2-ノネナールを吸着しやすくなるコンディショニング成分もあることがわかりました。
そこで当社は、2-ノネナールの吸着を防ぎながら髪のダメージをケアし、健やかな毛髪に導くコンディショニング成分の探索を行いました。

2-ノネナール吸着抑制成分の発見

さまざまなコンディショニング成分を探索した結果、ある特定の加水分解コラーゲンに2-ノネナールの吸着を抑制する効果があることがわかりました。

2-ノネナール吸着抑制成分の効果

発見した成分を配合したコンディショナーを用いて試験を行ったところ、洗浄のみの場合と比べて、2-ノネナールの吸着を約54%抑制する効果を確認しました。

考察

以上の結果より、コンディショニング成分には2-ノネナールの吸着を促進するものと抑制するものがあり、今回、発見した成分は2-ノネナールの吸着抑制に効果的であることが分かりました。洗浄により既に付着した2-ノネナールを落とすだけでなく、この成分をコンディショナーに応用することで新たに吸着する2-ノネナールを抑制することができ、加齢臭の悩みに対しより効果的なアプローチが可能になると考えます。

  • 「NEVER SAY NEVER」は、ロート製薬株式会社の登録商標(登録第5838870号)です。