Open

新規事業

再生医療研究企画部

研究系総合職

ロートネーム

ゆい

生物学系出身/2015年入社

  • 01

    ロート製薬を志望した動機や
    入社を決めた理由は?

    「再生医療事業を行っている会社」「実現性の早い体性幹細胞を扱っている会社」という2つの条件を満たす会社のひとつが、ロートでした。再生医療がもたらす恩恵を、医療用にとどめず化粧品や一般用医薬品に 応用したいと思っていたので、製薬・スキンケアなど多彩な事業を展開するロートに面白みを感じました。選 考を通じて感じたのは、社員の意志の尊重というより、むしろ自分の意志を求められる会社だということです。「再生医療に携わりたい」という希望をそのまま受け止めてくれる会社が少ない中、ロートでは「あなたはこの会社で何をしたいのか」をとことん求められ、既存のやり方にとらわれない自分流の挑戦ができる!と確信しました。

  • 02

    現在の仕事について部署のことや
    具体的な仕事内容について
    教えてください。

    細胞や動物を用いて、製剤の有効性、安全性、体内動態などを評価しています。細胞という未解明な点の多い製剤について、どのような作用機序で薬効を示すのか、体内で毒性作用は生じないのか、など有効性と安全性について詳細に検証を重ねるとともに、次世代製剤に関する基礎検討や新たな実験系・評価方法の確立など、検討する項目は多岐に渡ります。さらに試験業務にとどまらず、積み重ねた非臨床試験データをまとめ、ヒトでの臨床試験につなげるための薬事申請業務にも携わっています。

  • 03

    ロート製薬での仕事を通じて、
    目指す姿や達成したいことは
    どのようなものですか。

    「治療法のない患者様に、再生医療という新たな治療を届ける」という夢は、入社前から変わっていません。むしろロートで再生医療事業に携わる中、その思いはより強くなっていると感じています。その夢を叶える道のりは、決して平坦なものではないですが、まさにその道のりを歩む一員になれていることに深く感謝し、患者様にいち早く治療法を提供できるよう日々精進していきます。

  • 04

    現在取り組んでいる仕事の
    やりがいや魅力は何ですか?

    細胞を製剤として取り扱う再生医療は、低分子化合物等と比較してまだまだ薬効やその作用機序において未解明な点が多く、新たな知見が得られた時には一研究者としてとてもテンションが上がります。またそうした研究的側面だけでなく、法規制を踏まえた非臨床試験の実施や薬事申請業務など横断的な業務に関われることで、新薬開発の全体観と幅広い業務経験を培うことができ、大きな成長実感が得られます。製薬企業においてまさに「研究から応用まで」携わることができているという実感は、大学では得られない仕事のやりがいです。

CAREER PATH

キャリアパス

  • STEP 01

    入社時はどのようなお仕事をしていましたか?
    また、どのような思いで働いていましたか?

    共同研究先の大学に出向し、細胞製剤の薬効や作用機序について基礎的な検討を行っていました。入社当時の意気込み・情熱に反して、自分の力不足を強く感じていた時期でもあり、早期に力をつけていくことを意識して、どん欲に自己研鑽を積むとともに、常に周りにフィードバックを頂きながら仕事に取り組んでいました。

  • STEP 02

    キャリアの節目(部署、仕事、役割が変わったタイミング)のお仕事を教えてください。
    また、どのような思いで働いていましたか?

    入社3年目以降、基礎研究的業務から、製剤の有効性や安全性を検証する、非臨床試験業務にシフトしていきました。それまでの基礎研究的な視点に加え、法規制や薬事申請の視点を得たことで、ゴールから逆算して効率的に業務を進行する意識が根付いたと思います。

  • STEP 03

    現在どのようなお仕事をしていますか?
    また、どのような思いで働いていますか?

    有効性や安全性に関する非臨床試験データをまとめ、ヒトでの臨床試験に進むための薬事申請業務に携わっています。個々のタスクやスケジュールを含めプロジェクト全体を見渡し、他部門や外部機関とも連携して業務を進める必要があり、これまでとは規模感の異なる業務に難しさや苦労も感じますが、早いうちから大きな仕事を任せてもらえ、刺激的且つやりがいをもって業務に臨めています。