Open

設備の寿命予測における学習データ蓄積を目的としたモニタリングシステムを無償公開しました

設備の寿命予測における学習データ蓄積を目的としたモニタリングシステムを無償公開しました

2022年7月22日

ロート製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、社長:杉本雅史)は、製造設備の保全に携わる方々に向けて、設備の異常兆候検出を安価かつ実用的に行うことができる設備モニタリングシステム「Rohto Open Monitoring System」を構築し、無償公開いたしました。なお、本構想は2022年7月20日(水)に、一般社団法人日本能率協会主催「メンテナンス・レジリエンスTOKYO2022」におけるメンテナンス特別講演会にて発表しました。

システムの概要

約3,000円/個の無線振動(加速度)センサを採用するなど安価な構成でありながら精度の高い設備の異常兆候を検出できるシステムです。クラウドサービスAWS(Amazon Web Services)上にデータ管理システムを構築しているため大量のセンサデータの可視化・管理が可能であることや、異常検出時のアラームメール発信機能、振動に加えて電流、温度、湿度、照度のモニタリングによる、より精度の高い予知保全が実現できるなどの特長があります。

開発の背景と当社の想い

これまで設備保全において、寿命予測のニーズが高い一方、学習データが少なく精度の高い予測を立てることが困難と言われています。学習データが少ない理由は主に、常時監視をすることが高額であること、異常発生確率が低いこと、基本的には他企業との異常データの共有がなされていないことなどが挙げられます。
本システムを一般公開することによって、各社は安価に設備モニタリングを行うことが可能となるだけでなく、異常兆候を示すデータを複数の企業で蓄積し合うデータ保管・共有システムを構築することで、余寿命予測の実用化が期待できます。
当社は、他社自社含む工場におけるデータを一体化させ共有し合うことで、製造業全体の発展に貢献していきたいと考えております。本構想の趣旨にご賛同いただける場合はお問い合せいただき、両社協議の上、無償供与の手続きを進めていく予定です。