Open

ロート製薬、マイクロソフトのイノベーション拠点「Microsoft AI Co-Innovation Lab」を活用したAIプロジェクト始動

製品・事業

ロート製薬、マイクロソフトのイノベーション拠点「Microsoft AI Co-Innovation Lab」を活用したAIプロジェクト始動 ~ザ・メンソレータム・カンパニー135周年に向けたお客様とAIとの共創企画~

2024年2月8日

ロート製薬株式会社(大阪府大阪市、社長:杉本雅史)は、Microsoft Corporation(以下、マイクロソフト)のイノベーション創出拠点「Microsoft AI Co-Innovation Lab」(兵庫県神戸市 所長:平井健裕)を活用し、生成AIでお客様の声を解析・集約し、新たな価値を生み出すプロジェクトを2024年1月より開始しました。
ロート製薬の子会社であるザ・メンソレータム・カンパニーがもつ世界110か国以上のお客様とのネットワークから、これまで会社や商品に寄せられたお客様の声をAIで解析・集約し、新たな表現を生成します。
当社は、世界中のお客様のウェルビーイングに貢献するため、テクノロジーを積極的に活用し新たな価値創出に取り組んでまいります。

本プロジェクトの背景と内容

ロート製薬の子会社であるザ・メンソレータム・カンパニーは、1889年に創業し、これまで世界110カ国以上のお客様に商品をお届けしてまいりました。長年お客様の悩みに寄り添うブランドとして歩みを進めており、会社や商品に寄せられた各国のお客様からのお声は数十万件にのぼります。
本プロジェクトは、マイクロソフトの生成AIサービス「Azure OpenAI Service」を活用し、お客様にいただいたお声の中にある「感情」のこもった情報をAIによる多言語の同時集約によって解析することで、新たな価値を創出するものです。この度ザ・メンソレータム・カンパニー創業135周年を迎えるにあたり、本プロジェクトの第一弾として、これまで商品をご愛用いただいたお客様の声をもとに未来へ繋げる表現として新たな画像生成に取り組みます。

ロート製薬株式会社 副社長 CFO、ザ・メンソレータム・カンパニー代表取締役社長 斉藤雅也

私たちは生成AIが、人が到底認識できないような膨大な数の「お客様のお声」を受け止めて、次世代の製品づくりやサービスに活かすことを助けてくれるものと信じています。この度の取組みでは、神戸のMicrosoft AI Co-Innovation Labにおいて、「Azure OpenAI Service」を活用し、多言語の同時集約やお客様の声といった「人の感情」に寄り添うことで、グローバルに広がるメンソレータム商品の価値向上に役立ててまいりたいと考えております。

マイクロソフト株式会社 Microsoft AI Co-Innovation Lab 代表 山﨑隼 様

この度の企画は神戸に新たに開設した Microsoft AI Co-Innovation Lab(以下、神戸ラボ)の技術支援のもとで実施されます。
神戸ラボと「Azure Open AI Service」をはじめとした Microsoft Azure の提供する革新的なサービスがロート製薬様の今回の企画に貢献し、世界へ向けた新しいAIとの共創の形が神戸の地から生まれることを心から楽しみにしております。

  • Microsoft、Azureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。