Open

「日本皮膚科学会 皮膚医学研究基金(ロート製薬寄付)」の受領者が決定しました

皮膚医学の発展を担う“萌芽的研究”を支援する 「日本皮膚科学会 皮膚医学研究基金(ロート製薬寄付)」 の受領者が決定しました。

2020年4月1日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:杉本雅史)は、2008年より皮膚医学の向上発展に寄与することを目的として「ロート皮膚医学研究基金」を設立、運営してきましたが、さらなる発展を目指して「日本皮膚科学会 皮膚医学研究基金(ロート製薬寄付)」として2018年度の受領者選考から公益社団法人日本皮膚科学会(以下、日本皮膚科学会)と共同運営しております。
このたび「日本皮膚科学会 皮膚医学研究基金(ロート製薬寄付)」の令和2年度受領者2名が決定致しましたのでお知らせいたします。

「日本皮膚科学会 皮膚医学研究基金(ロート製薬寄付)」とは

「皮膚医学研究基金(ロート製薬寄付)」は、今後の皮膚医学の発展に顕著な貢献が期待できる、斬新かつ萌芽的な基礎的研究に対し研究費を助成するものです。受領者2名にはそれぞれ研究助成金300万円が交付され、2年間の研究が行われます。

令和2年度 日本皮膚科学会 皮膚医学研究基金(ロート製薬寄付)受領者
お名前 ご所属 研究課題
武市 拓也(たけいち たくや) 名古屋大学 自己炎症性角化症におけるプレシジョンメディシンの開発
今井 康友(いまい やすとも) 兵庫医科大学 皮膚2型自然リンパ球の時間・空間・数量的な動態解析

(順不同)