Open

「スポーツエールカンパニー2022」に認定

従業員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取組を実施している企業として 「スポーツエールカンパニー2022」に認定

2022年2月3日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:杉本雅史)は、ロートグループ総合経営ビジョン「Connect for Well-being」の実現に向けて、健康経営を推進すべく社員一人ひとりの健康に向き合う機会を設けています。
今回、ロート製薬はスポーツ庁より、従業員が行うスポーツ活動の支援や促進に向けた取組を実施している企業「スポーツエールカンパニー2022」に認定されました。また、5年連続の認定により「ブロンズ」を、さらに従業員の週1回のスポーツ実施率が65%以上とのことで、「+(プラス)」認定となりました。
引き続き社員一人ひとりの健康増進をサポートし、積極的な取組を継続してまいります。

スポーツエールカンパニーとは

スポーツ庁では、「働き盛り世代」のスポーツ実施を促進し、スポーツに対する社会的機運の醸成を図ることを目的として、従業員の健康増進のためにスポーツ活動の促進に積極的に取り組む企業を「スポーツエールカンパニー」として認定しています。
「スポーツエールカンパニー2022」として685社、そのうち5年連続で認定を受けた74社を初めて「ブロンズ」認定を受けました。
従業員がスポーツに親しめる環境づくりを進める企業の社会的評価が向上することで、「働き盛り世代」をはじめとして、国民全体のスポーツ実施率の向上につなげることを目指しています。