Open

品質統括

品質統括部
上野QCグループ2チーム

技術系総合職(品質統括)

ロートネーム

がんちゃん

薬学系(生物)出身/2019年入社

  • 01

    ロート製薬を志望した動機や
    入社を決めた理由は?

    ロートでは医薬品、化粧品、食品など事業が多岐にわたり、それぞれ品質管理の試験や規定が違うため、知識やスキルの幅が格段に広がります。また海外にも製品を送り出しているのでグローバル基準の品質管理も学べます。品質統括部では海外との関わりも多く、グローバル人材を目指せる点に大きな可能性を感じました。またロートは歴史が長いにもかかわらず、現状に満足せず、常に新しいことにチャレンジする会社です。「挑戦者」という企業風土で個人のチャレンジが歓迎される環境は、自分にマッチしていると思いました。先輩社員の方々が目標をイキイキと語る姿にも憧れ、私も意志をもって自分らしく働きたいと考えたのが入社の決め手です。

  • 02

    現在の仕事について部署のことや
    具体的な仕事内容について
    教えてください。

    QC(品質管理)では、一定の品質を維持するために、製造環境の管理や原材料、製品に対して様々な品質試験を実施しています。私はその中でも原料の品質試験を担当しています。上野工場で生産される製品に使用する原料の受け入れ試験が主な業務です。受け入れ試験は、正しい原料か、劣化していないか、純度に問題がないかなどを公定書に従って試験し、合否を判定します。お客様に安心して製品を使用していただくために、原料一つ一つの品質を確認することで、製品の品質を保証しています。

  • 03

    ロート製薬での仕事を通じて、
    目指す姿や達成したいことは
    どのようなものですか。

    高品質を担保するための先進的な体制づくりに貢献していきたいです。品質を取り巻く状況は日々変化しているので、ロートでもまだまだ課題がたくさんあります。どのような課題があるかは、まだ明確に自分では把握しきれていませんし、どのように対策していけばいいか考えるにも力不足です。ロートの成長チャンスの多さを活かして、様々な視点から考え、挑戦できる人材になり、品質保証体制を充実したものに近づけていきたいです。そして、このことならがんちゃんに任せれば大丈夫!と言ってもらえるような信頼のある人になりたいと思っています。

  • 04

    現在取り組んでいる仕事をする中で、
    印象的なエピソードや
    苦労したことを教えてください。

    QCで、年に一度開催される海外拠点のQCと技術向上や連携強化などを目的とした交流会を担当しました。そこでは、ロートグループ全体の品質保証体制で不足している点などを議論するのですが、今まで触れたことのない内容についても取り上げるので、知識不足で私に務まるか不安でした。けれども、上野QCだけでなく、各拠点のメンバーにもフォロー頂いたので、なんとか交流会を成功させることができました。ロートには困っていると支えてくれる人が周りにはたくさんいること、拠点を越えた連携力の強さがあると実感しました。

CAREER PATH

キャリアパス

  • STEP 01

    入社時はどのようなお仕事をしていましたか?
    また、どのような思いで働いていましたか?

    基礎的な原料受け入れ試験を中心に取り組んでいました。ただ、目の前の試験をしているだけでは、求められる品質の全体像を把握できず、それをどのように学べばいいのかわからず不安に思っていました。もっと世間で求められている品質やロートの現状など全体像を学びたい、もっと知識が欲しいという思いで人財育成プロジェクトにも参画しました。

  • STEP 02

    キャリアの節目(部署、仕事、役割が変わったタイミング)のお仕事を教えてください。
    また、どのような思いで働いていましたか?

    試験業務だけでなく、コンタミリスクを抑えたサンプリング室への改善を任せられるようになりました。この時、求められる品質保証体制の全体像について意識するようになりました。ただ、GMPで求められる要求をそのまま遵守すると、作業負担が増えたりするので、規則と作業負担のバランスをとることの難しさと重要性を実感しました。

  • STEP 03

    現在どのようなお仕事をしていますか?
    また、どのような思いで働いていますか?

    QC交流会など品質保証体制全体で何か改善点はないか、より視野の広い仕事を任されるようになってきました。それと同時に業務で関わる人も増え、今までより繋がりをもって業務ができるようになりました。その中で様々な考えや知識に触れることができるので、吸収し自分らしさに磨きをかけようと心掛けて働いています。