Open

基礎研究

基礎研究開発部

研究系総合職

ロートネーム

ひーちゃん

薬学系(化学)出身/2015年入社

  • 01

    ロート製薬を志望した動機や
    入社を決めた理由は?

    「製薬・食品・化粧品と健康にかかわる事業を行っているけれど、事業領域が広すぎてよく分からない会社だな」というのがロートの第一印象でした。でも発想を逆転してみると、大学等の研究機関では医学部×工学部といった領域融合型の研究が注目されているため、幅広い事業を手がけるロートなら「掛け合わせの面白みがありそう」とワクワクしました。面接では「何がしたいか?どんなことに興味があるのか?」と深掘りされ、「会社のネジではなく、一人ひとりが自立して働くことを期待している」ことがひしひしと伝わりました。広いフィールドと自主性を重んじる社風を糧にして、健康寿命の延伸につながる研究を進めたいと思い、入社を決めました。

  • 02

    現在の仕事について部署のことや
    具体的な仕事内容について
    教えてください。

    基礎研究を担う部署で、化粧品に配合する成分の開発を担当しています。原料の探索から始まり、原料の加工・精製、安定性試験や安全性試験による品質担保を経て、化粧品成分を作り上げています。そのため、最新の知見をもつ大学などの外部の研究機関や品質を担保する他部署の方など、幅広い分野の方と協力しながら進めています。現在は、大学へ出向していて、最先端の知見を化粧品成分の開発に活かせないかを検討しています。大学での基礎研究を製品へと活かし、より良い化粧品成分を創り出したいと思っています。

  • 03

    ロート製薬での仕事を通じて、
    目指す姿や達成したいことは
    どのようなものですか。

    世の中の人々が、健康で楽しく生きるサポートになるような商品をつくっていきたいです。毎日食べる食事から、病気を防ぐ。毎日のスキンケアで肌をより健康で美しく維持する。軽度な疾患は、OTC薬で治療する。事業領域の広いロートだからこそ、様々な角度から一人ひとりの健康に寄り添うことのできる商品を開発していきたいと考えています。

  • 04

    現在取り組んでいる仕事をする中で、
    印象的なエピソードや
    苦労したことを教えてください。

    学会で見つけてきた原料を化粧品成分として開発したいと思い、初めて研究テーマとして立案したことです。当時は、自分でテーマを立案したこともなく、見つけた原料が化粧品成分として可能性があるのかどうかもわかりませんでした。上司だけでなく、普段関わりのない部署の先輩にも相談して、化粧品成分としての可能性を模索しました。その後、このテーマを大学との共同研究として進めることになりました。この経験を通して、若手の一社員からでも、勇気を出して動けば、周囲の協力を得られ、仕事をつくりだすことができると体感しました。

CAREER PATH

キャリアパス

  • STEP 01

    入社時はどのようなお仕事をしていましたか?
    また、どのような思いで働いていましたか?

    化粧品成分の有効性を研究していました。たとえば、肌のしわやハリに重要と言われるコラーゲンの産生量を増加させる効果がある化粧成分の探索などを行っていました。有機化学系の研究室出身だったため、初めての細胞を使った試験に毎日緊張しながら働いていました。毎朝出社したら、細胞を観察して、ちゃんと育っているのを確認してホッとするのが日課でした。

  • STEP 02

    キャリアの節目(部署、仕事、役割が変わったタイミング)のお仕事を教えてください。
    また、どのような思いで働いていましたか?

    5年目になった頃から、周りから求められることが変わったように思います。ロートでは、半年に1回のペースで上司との面談があるのですが、周りの人にも影響を与えられるようになって欲しいと言われるようになりました。それまでは、自分のできないところを誰かに協力してもらって仕事をしていましたが、自分の守備範囲の仕事でも、周りの人と一緒にやるようにしたり、仕事内容を周囲の人に発信したりするようにして、少しでも誰かに影響を与えられるよう意識するようになりました。

  • STEP 03

    現在どのようなお仕事をしていますか?
    また、どのような思いで働いていますか?

    化粧品に配合する成分を開発しています。基礎研究はなかなか製品化まで辿り着かないことも多い仕事ですが、世の中にない技術を基にして今までにないような商品をつくれる仕事です。社内外の人と力を合わせて、新しい技術を生み出し、お客様がびっくりするような商品を世の中に出していきたいです。