Open
動考せよ!自分の意志で!
戻る 一覧に戻る

2013年入社 / 技術系総合職
ロートネーム:けーちゃん
機械工学系出身

生産技術

生産技術部

CAREER PATH

1年目
生産技術部(製作)
2~6年目〜
生産技術部(機械設計)
戻る 一覧に戻る
01

ロート製薬に入社した理由

就活では設計の仕事を探していました。自動車の一部分の設計や、機械部品の設計など、いろいろな仕事がありましたが、ひとつの機械をゼロから100まで自分で設計できるロートに魅力を感じました。「生産設備は陽のあたる機械ではないけれど、ロートの商品を生む機械を自分で造りたい」そう思い志願しました。

画像
02

今までの仕事の中でわくわく楽しかったことは何ですか?

ある設備の設計中のこと。設計を進める為にテスト機を造り、必要な検証を行っていました。するとどうしてもクリア出来ない問題が…。組立順に誤りはなかったか?部品の使用方法は適切か?制御は上手くいっているか?と、あらゆる可能性を仲間と共に考えて遂に原因を発見!思いもよらない原因が隠されていました。このときはどうすればよいのか分からなくて投げ出したい気持ちにもなりましたが、無事に設備が完成し、商品を造り始めたのを見て苦労が報われました。
ある新商品を造る設備を設計したあと、できた設備を動かしてみたら上手くいかず、大急ぎで設計変更とテストを繰り返し、なんとか生産出来る状態にもっていったことがあります。発売日が決まっていてどうしても生産を始めなければならないプレッシャーがあり、とてもハラハラした数週間でした。
その商品は発売後、すごく話題になりました。自らSNSを見て、あのとき諦めなかったからこの盛り上がりがあるのだとひっそりと喜びを噛みしめた思い出があります。

03

ロート製薬で働くことでどのような学びや成長がありましたか?

機械設計が現在の私の主な仕事ですが、設計前に導入による効果を検討したり、工場や品質部門と相談したりと、設計以外の仕事もたくさんあります。最近は3Dスキャナーや切削機の導入検討も行いました。ロートでは同じような仕事ばかりではなく、何年目になっても初めての仕事に取り組む機会がたくさんあります。そのため、失敗を恐れずに実行する力が必要だと感じますし、少々失敗しても感傷的にくよくよせずに気持ちを切り替えて前に進めるようになりました。

画像 画像
04

ロート製薬を通して今後挑戦したいことは何ですか?

私の提案に端を発した生産の形を生み出したいと思っています。今までの経験を武器に、ロート全体を見て現状をより良くする提案をして、実際に運用までたどり着くまでの過程には、必ずいろいろなハードルに直面すると思います。大変だと感じると同時に、ロートの仲間となら乗り越えられるだろうとも思います。この過程で得る学びと、実現できたときの達成感と誇らしさは計り知れないと思います。こういった行動が社会人として世の中に貢献することであり、一人の人間として成長することだと思っています。

あなたのNEVER SAY NEVER

NEVER SAY NEVER FOR

みんなとわたし

※記事内容および社員の所属・部署名等は取材当時のものです。