Open
動考せよ!自分の意志で!
戻る 一覧に戻る

2014年入社 / 研究系総合職
ロートネーム:みほ
薬学系出身

研究開発(製品開発)

安全性設計センター

CAREER PATH

1~5年目〜
安全性設計センター
戻る 一覧に戻る
01

ロート製薬に入社した理由

人の健康に対してゼロをプラスにするアプローチがしたかったため、OTCや食品に関する企業への就職を希望していました。また、科学的なエビデンスをきちんと持った製品を世の中に発信したいとも考えていました。ロート製薬は化粧品や食品にも取り組んでおり、製薬会社の視点を持ちながら多くの手段で人の健康に関わっていくことができると思ったので入社しました。

画像
02

今までの仕事の中でわくわく楽しかったことは何ですか?

私は安全性を評価する部署に所属していますが、製剤を開発するグループとコラボして商品提案を行ったことです。肌が弱いお客様用のスキンケア製品だったのですが、肌構造の調査結果からどの試験系がいちばん適切かを考えて自分自身で実験した結果をもとに、製剤開発担当者と何度も議論しました。また実験だけでなく「この製品を使う人は何に悩んでいるのか?」「どういう状況で使うのか?」「他社品はどのような工夫をしているのか?」などを考えながら企画を練りました。実験量が多く発表準備も大変でしたが、お客様が商品を使う姿までイメージすることの大切さを学ぶことができました。

03

ロート製薬で働くことでどのような学びや成長がありましたか?

さまざまな製品カテゴリーがあるので、非常に幅広い分野を学ぶことができます。スキンケア開発で学んだことをアイケア開発で活かすなど、自由な考え方ができる点がロートの魅力だと感じます。また、学生の時に比べて導き出したデータの重みを強く感じるようになりました。データの結果によって製品開発の方向性が決まることもあり、信頼性の高いデータを効率よく出せるかが問われます。私自身まだまだ成長途中ですが、毎日の仕事がルーチンで終わることなく日々新しい気づきを得ながら仕事に取り組んでいます。

画像 画像
04

ロート製薬を通して今後挑戦したいことは何ですか?

最初は珍しくても、将来的に常識に変わるような考え方・文化を作っていきたいです。そして少しでも多くの人が、少しでもハッピーになる貢献をしたいです。その手段として、ロートはメーカーなので「製品」を使うことができます。自分が関わった製品にその想いをのせて、日本だけでなく世界に考え方を広め、常識を変え、世界中の人が少しでも幸せになってほしいと願っています。だからこそ、世界基準でお客様に安心して使っていただける製品づくりに貢献していきたいです。

あなたのNEVER SAY NEVER

NEVER SAY NEVER FOR

人を幸せにするためのモノづくり

※記事内容および社員の所属・部署名等は取材当時のものです。