Open

生産技術

生産技術部 製剤技術グループ

技術系総合職(生産技術)

ロートネーム

ながみー

工学系(化学)出身/2008年入社

  • 01

    ロート製薬を志望した動機や
    入社を決めた理由は?

    ロートの説明会や面接に参加するにつれ、社員同士を役職で呼ばずに、さん付けやニックネームで呼び合うアットホームな企業風土に魅かれていきました。自分の中にある会社のイメージと違う面が多く、「人との交流が多くて刺激が多く、ワクワクしながら仕事ができそうだ」と心がときめいたのを思い出します。元々大学の研究室で培った分析の業務に携わりたかったのですが、製薬企業では大学院卒採用が多い中、ロートは新卒採用の総合職に品質管理業務がありました。さらに医薬品や化粧品など多品目を扱う、営業・企画部門などさまざまな部署で働くチャンスもある、といった成長できる環境にやりがいを感じ、入社を決めました。

  • 02

    現在の仕事について部署のことや
    具体的な仕事内容について
    教えてください。

    現在の仕事は、生産技術部の製剤技術グループで、上野テクノセンターで生産する製品の工業化(製造プロセス開発)を行っています。具体的には、アイケアとスキンケアを製造する前段階で、生産条件を決めるための製造テストを実施しています。現在、私はスキンケアの工業化を担当しており、高品質な製品を作り続けるために開発部門や工場と協力して、モノづくりの最適化を追い求めています。他には、工場の生産性向上のための改善提案や海外製造拠点への製造移管支援や、製造設備導入の検討を行っています。

  • 03

    ロート製薬での仕事を通じて、
    目指す姿や達成したいことは
    どのようなものですか。

    私が達成したいことは、お客様はもちろん、工場で生産をするスタッフをはじめとする関連部門に喜んでもらえる仕事をすることです。高品質な製品を効率的に生産する条件を設定し、適切な価格でお客様に信頼していただける商品を提供すること。製品を日々生産する工場スタッフにより安全で作業負荷を軽減できる生産体制を提案していきたいと考えています。そのためには、新しい生産技術の導入等、現状の当たり前を否定していき、変化の激しい環境の中でも戦っていきたいと考えています。

  • 04

    現在取り組んでいる仕事の
    やりがいや魅力は何ですか?

    開発や企画部門が考えた製品を具現化できることです。どんなに良い処方・デザインでも、工場でそれを再現できなければ、お客様にお届けすることができません。商品をお客様へ届けるまでのプロセスの中の工業化検討でどれだけの価値を付加することができるかを考えることにやりがいを感じます。また、工場・開発・購買・品質保証など多くの部門と協力しないと良い製品が出来ないため、技術力向上と同様にコミュニケーションも重要となります。そして、非常に難しい課題をチームプレイで乗り切り、業務を遂行できた時に、非常に大きなやりがいを感じます。それをみんなと分かち合うこともこの仕事の魅力の一つです。

CAREER PATH

キャリアパス

  • STEP 01

    入社時はどのようなお仕事をしていましたか?
    また、どのような思いで働いていましたか?

    入社時は品質管理部門で、内服薬・スキンケアの製品の出荷試験(ガスクロマトグラフィーや液クロマ トグラフィー、物性測定など)を担当していました。品質管理部門が製品をチェックする最終の砦である責任感を持って試験評価をしていました。また、生産現場にも積極的に入り、製品がどのように作られているか調査し、異常早期発見をするための現場スタッフとよくディスカッションをしました。

  • STEP 02

    キャリアの節目(部署、仕事、役割が変わったタイミング)のお仕事を教えてください。
    また、どのような思いで働いていましたか?

    生産現場で品質を作り上げたい想いが強くなり、生産条件を設定する製剤技術Gに異動しました。高い品質の製品を作ることはもちろん、効率性・生産性の向上、作業安全面にも考慮した生産条件を設定し ないといけないなど、様々なポイントを確認して最適な条件を設定することは難しいですが、関連部 門と連携していい条件・いい製品を作り上げることはとても楽しく感じます。

  • STEP 03

    現在どのようなお仕事をしていますか?
    また、どのような思いで働いていますか?

    現在は、スキンケア製品の工業化検討の他に、調製設備導入検討や数値解析ソフトの活用検討を行っています。今の生産の中で困っている作業や大変な作業を解決すべく、ゼロベースで人や環境に配慮した新しい生産体制や検討手法開発にチャレンジしています。