Open
動考せよ!自分の意志で!
戻る 一覧に戻る

2014年入社 / 事務系総合職
ロートネーム:のぞみ
工学系出身

営業

営業

CAREER PATH

1~4年目
営業企画部(データマネジメント)
5年目〜
営業(東京支社:コンビニエンスストア担当)
戻る 一覧に戻る
01

ロート製薬に入社した理由

私は、自分の強みを日々活かしながら、さらに好奇心や興味を探求する中で新たな強みを作っていけるか、つまり、人として多様性を持ち、成長し続けられるかというのが仕事における最も大きなポイントだと思っています。そこで、理系のデータ好きで論理で物事考えてしまう癖を総合職で強みとして活かせ、さらに自分主導で仕事を進められる環境か、というのを軸として就職活動を進めました。会社とのアンマッチは後々のためにならないので、面接では本音しか言わないと決め、その中でいちばん自分とマッチしていると感じたのがロートであり入社を決めました。

画像
02

今までの仕事の中でわくわく楽しかったことは何ですか?

仕事を進める中で、自分の強みは周りに比べてデータ分析など数字を見ることが全く苦にならないことだと実感しました。データアナリストという立場で基礎化粧品カテゴリについて考え、提案するという仕事をしていた時のことですが、これまで詳しく見てこなかったデータからいろいろな仮説や事実が浮き彫りになってきました。それを提案することで取引先の売場が変化し、さらに売上も上がっていきました。それがきっかけとなり、取引先ともより真剣にお客様の購買行動について議論する場が増え「相手が何を考えているのか」「何を求めているのか」を汲みながら話をすることで、強固な信頼関係を築いていくことができました。人とは異なる自分の興味を成果につなげられ、とても有意義な経験となりました。

03

ロート製薬で働くことでどのような学びや成長がありましたか?

私はロートで働くことで、経験の幅こそが成長の糧であること、また、掛け合わせによる相乗効果が重要であることを学びました。ロートでは、自分次第でいろんなプロジェクトへ参画できますし、年齢や社歴に依らず仕事を任せてもらえます。勉強でも数学や英語、社会を並行して学ぶように、仕事でも、取引先へ営業活動、商品の企画や需給調整、データ分析、社内イベントの企画運営、社外の方とのプロジェクト、リクルーター活動など、いろんなことを併進するのです。もちろん経験の深さも大事なのですが、いろんなことを一気に経験し自分のものにできるという環境は、カオスでありながらも成長への一番の糧となっています。また、社外の方とのプロジェクトから取引先への提案のきっかけが見出せたり、自分の強みと同僚の強みを掛け合わせることで提案がうまくいったり、点と点を、どう線や面にして相乗効果を生むかが大事であることを学びました。

画像 画像
04

ロート製薬を通して今後挑戦したいことは何ですか?

大きな社会課題を解決したい!なんてすごいことは言えません。私は、ロートの商品・サービスで「身近な人をちょっと便利・ちょっと健康・ちょっと幸せに」ということへ挑戦します。そのためには何が必要であるかを根気よく観察し、仮説を立て、実現できるだけのスキルを持ち、物事の流れを理解し強いモチベーションで進んでいくことが大事です。それがあれば実現に至れる環境がロートにはありますし、上に書いたたくさんの経験や成長も、この挑戦のために欠かせないことだと思っています。もっと広く、多くのお客様へ影響を与えたいと思われる方もいるかもしれません。でも私は、自分の目に見える周りの変化を感じることができたら、身近な人の生活を少しでも豊かに彩れたなら本望なのです。

あなたのNEVER SAY NEVER

NEVER SAY NEVER FOR

resonance

※記事内容および社員の所属・部署名等は取材当時のものです。