Open

営業企画

営業企画推進部
流通管理データマネジメントグループ

事務系総合職

ロートネーム

しおちゃん

国際学系出身/2014年入社

  • 01

    ロート製薬を志望した動機や
    入社を決めた理由は?

    就職活動では「新しいことを学び続けられるか」「好奇心を刺激される機会があるか」を重視していました。ロートはジョブローテーションの機会が多く、プロジェクト単位で兼務も可能というフレキシブルな働き方が魅力的でした。健康に通ずることならば、農業やレストランといった新しい挑戦を続ける姿勢にも興味を持ちました。「自ら仕事を動かしていく」という社風を一番感じられたのは先輩方との会話からです。主語が「この会社は」ではなく「自分の場合は」となるのが印象的で、個が尊重される文化が自然に根付いているのを感じました。ベンチャーや他業界も見ましたが、型にハマりすぎず個性を出しやすいロートは一番自分に合うと思って選びました。

  • 02

    現在の仕事について部署のことや
    具体的な仕事内容について
    教えてください。

    現在は営業企画推進部という営業活動をバックアップする業務を担った部署で働いています。店頭販促物(ディスプレイ)の企画や営業戦略、市場分析、調達生産数量検討といった商品を世に送り出す一歩手前の業務が組み合わさった部署です。その中で私の仕事はデータ分析と調達との2つです。データ業務ではどんなお客様が商品を購入してくれていて、他社商品と比較して何が響いているのかなど購買データを元に仮説を立て、取引先様への提案を作成しています。調達業務では営業から集めた情報をもとに限定品の売れ行きを判断し、生産部門に作成数を連携する業務を行っています。

  • 03

    ロート製薬での仕事を通じて、
    目指す姿や達成したいことは
    どのようなものですか。

    自分の吸収したものを身近な人に還元する働き方をしていきたいです。複数部署に関わる仕事をする中で、自身の意見や提案も含め一人ひとりの頑張りの結果が今のロートの商品やサービスを世の中に送り出すことに通じているという実感があります。私は研究や開発のスキルや天才的なアイデア力などはない平凡な人間ですが、社内の情報や人を掛け合わせることで新しい価値を生んだり、もっと素晴らしいモノやコトを世の中に出すことに繋がる活動を作ることができればと思っています。

  • 04

    ロート製薬で
    働く魅力を教えてください。

    入社時の動機とも近いのですが、ロートという場で出会う人と今の変化に富む環境が働く魅力です。社内プロジェクトやダブルジョブなど自分のやる気次第でどこまでもチャレンジできる環境と、おかしいと思ったことをまっすぐ口に出して議論しあえる上司や仲間がいることで日々充実して働けています。仕事の進め方も個人の裁量、責任となる部分も多く、時に焦燥感やスリルを感じる部分もありますが、綺麗に積み上げられた仕事には無い、新鮮さを感じながら成長に繋げられる経験ができるのはロートだからこそと感じています。

CAREER PATH

キャリアパス

  • STEP 01

    入社時はどのようなお仕事をしていましたか?
    また、どのような思いで働いていましたか?

    名古屋営業所配属で、地域に根差したドラッグストア様への営業をしていました。商談にも慣れない中でしたが取引先様に来店されるお客様にどんな価値を提供できるか、自社の商品だからこそ叶えられることは何なのかを粘り強く考えていました。文化や考えも異なる社外の人とも「お客様」という言葉を軸に関係性を構築できたのは良い経験でした。

  • STEP 02

    キャリアの節目(部署、仕事、役割が変わったタイミング)のお仕事を教えてください。
    また、どのような思いで働いていましたか?

    社内でのやり取り、他部署との交渉が増える仕事に切り替わったため考え方の幅を広げることに注力しました。営業の時は担当企業様の課題やお客様に集中した視点で物事を考えていましたが、異動後は会社としての方向性も考える必要があり個の企業事情と全体バランスをどう取っていくか悩むところもありました。営業と内勤両方のことを知るからこその提案ができるよう意識していました。

  • STEP 03

    現在どのようなお仕事をしていますか?
    また、どのような思いで働いていますか?

    市場分析、商品調達、在庫調整といった本業に加え、社内コミュニケーション活性化のプロジェクトにも取り組んでいます。営業、マーケティング、生産…と複数部署とのやり取りが増える中、各部署の想いや事情を知る面白さを感じています。各部署の意見が異なることも多くありますが、「お客様のために」という最終目的は同じです。部署間の理解・連携を高めるチャレンジを続けています。