Open

プロダクト
マーケティング

プロダクトマーケティング部PM1グループ
兼 人事総務部人事2グループ

事務系総合職

ロートネーム

ゆいゆい

国際学系出身/2016年入社

  • 01

    ロート製薬を志望した動機や
    入社を決めた理由は?

    メーカーでありながら、「健康」を軸にして事業領域に限らずチャレンジする姿勢が一番の魅力でした。留学の経験から「日本の魅力的なモノを世界にもっと発信したい!」とメーカーを志望していましたが、「本当にモノづくりだけがやりたいのだろうか?」とモヤモヤしていました。ロートではモノづくりができ、枠 にとらわれずに新事業もトライできると知り、メーカーの中でも一番ワクワクする会社だと感じました。このワクワクの源泉になっているのが「個」を大切にする文化です。印象的だったのは、選考に「私服で来てください」と言われたことです。「本質を見極めるために常識にとらわれない」という会社のマインドと実行する姿勢に強く惹かれました。

  • 02

    現在の仕事について部署のことや
    具体的な仕事内容について
    教えてください。

    外皮薬のマーケティング、商品企画をしています。お客様が悩んでいる症状に対してどんな薬を、どんな切り口で提案できるかを考え、製剤をつくる研究開発部門、資材を購買する部門、工場に関わる生産部門、商品を店頭へ届ける営業部門など、多くの人と議論しながらモノを設計し、作っていきます。どんな商品を、どんな風に届けるかはすべてお客様起点に立ち、まずは「こんなお客様いるよね」というペルソナ像( N=1 )を徹底的に作りこみ、そのN=1の人が絶対に買ってくれる中身やメッセージ、届け方を考えていきます。N=1というとニッチ市場を攻めるというイメージを持たれやすいですが、必ずしもそうではなく、まずは100人中1人でいいから絶対に愛してくれるようなこだわりのモノができれば、そこからどんどんファンが広がっていく、という考え方でモノづくりをしています。現在は人事とのダブルジョブにチャレンジ中で、新人研修のコンテンツを作っていくお仕事もしています。

  • 03

    ロート製薬での仕事を通じて、
    目指す姿や達成したいことは
    どのようなものですか。

    心身ともにもっと健康でWell-beingな世の中をつくりたいです。これまでは商品を通してお客様に健康を届けてきましたが、これからはもっと心の健康を支えていきたいと思っています。よりみんなが働きやすい会社を作りたいですし、世の中全体としてもっと自分らしく生きられる社会を作るために、人材育成や働き方の側面でアプローチできることを考えていきたいです。

  • 04

    現在取り組んでいる仕事の
    やりがいや魅力は何ですか?

    やはりお客様の喜びの声を頂いたときが一番うれしいです。私たちの扱っている商品は正直命に関わるようなもではないですが、それでも「これまで気になっていたニオイがなくなり自信が持てた」「全身のかゆみが収まり温泉にもプールにも行けて、人生が変わった!」など、時には涙ながらに電話をかけてきてくださるお客様もいて、私たちのやっていることはお客様の人生を変えるぐらいのことをやっているんだということに誇りを感じます。

CAREER PATH

キャリアパス

  • STEP 01

    入社時はどのようなお仕事をしていましたか?
    また、どのような思いで働いていましたか?

    プロダクトマーケティング部で外皮薬担当になりました。新人でも重要なブランドを任され、分からないながらも様々な部署の人たちと一緒に商品を作り上げていきました。ほぼ商品が出来上がっているにもかかわらず「本当にこの商品売れるの?」というつっこみをもらい、泣きながらお客様のことを考えていたりしました。お客様を知ることの基礎を学んだ新人時代でした。

  • STEP 02

    キャリアの節目(部署、仕事、役割が変わったタイミング)のお仕事を教えてください。
    また、どのような思いで働いていましたか?

    2年目からはボディソープの新ブランドの立ち上げに携わりました。既存のブランドから新商品を考えるのとは違い、ブランド名、コンセプトなどゼロから考えるのは非常に難しく悩んでいる時間も長かったのですが、これまで以上にお客様のリアルな声を聞きに行くことで、本当にお客様ベースで唯一無二の商品を作り上げることができました。

  • STEP 03

    現在どのようなお仕事をしていますか?
    また、どのような思いで働いていますか?

    ロートの外皮薬にはなかなか新しいお客様に届いていない商品もあり、いかに既存のブランドを強くしてお客様との接点を作るかという観点で、商品というよりブランド全体の価値をどう高めるかを考えています。商品の見せ方、ラインナップはもちろん、どうコミュニケーションするかも含めて、今まで 以上に周りのチームを巻き込みながらの仕事が求められています。社内ダブルジョブという新しい働き方もチャレンジングです。