Open

エリスリトールが腋臭菌に働き、ニオイを抑制することを発見

エリスリトールが腋臭菌に働き、ニオイを抑制することを発見 菌バランスに着目した腋のニオイに対する新しいアプローチを示唆

2021年10月28日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:杉本雅史)は、体臭悩みの根本解決への挑戦のひとつとして、腋のニオイ及び腋臭菌の研究をすすめています。今回、物産フードサイエンス(株)との共同研究により、糖アルコールにおける腋臭菌及びニオイへの影響に関する研究を進めた結果、糖アルコールの一つであるエリスリトールが腋臭菌抑制効果を持ち、ニオイの抑制効果を持つことが明らかになりました。本研究成果はJournal of Cosmetic Dermatologyに掲載され、さらに日本味と匂学会第55回大会(2021年9月22日~24日、福岡県福岡市にて開催)、IFSCC Mexico Conference 2021(2021年10月18日~28日、Mexicoにて開催)で発表されました。

研究成果のポイント

  • エリスリトールに腋臭菌を抑制する効果があることを発見した。
  • エリスリトールを腋に塗布することで、ニオイが抑制できた。
  • 腋のニオイが発生する要因として、菌バランスが関係していることが示唆され、エリスリトールには菌バランスを整える効果があることを発見した。
  • 殺菌・制汗だけではなく、菌バランスのコントロールによりニオイを抑制する新しいアプローチを含む、効果的にニオイ抑制できる制汗剤の開発に期待。

研究の背景

腋のニオイは腋臭菌による代謝物が原因であることが知られており、制汗剤ではニオイを抑制するために様々な殺菌効果のある成分が使用されてきました。
一方、糖アルコールは保湿剤としても使用されている成分ですが、古くから虫歯菌の抑制効果があることが知られており、安全性の高さから食品等に広く使用されてきました。しかし、糖アルコールにおける腋臭菌への効果はあまり知られていませんでした。
そこで今回の研究では、様々な糖アルコールにおいて腋臭菌に対する効果を調べ、さらに腋臭菌に対して効果のあったエリスリトールにおいて、実際に腋のニオイへの効果を検証しました。

結果

エリスリトールは高い腋臭菌抑制効果を持つ

各糖アルコールを培地に含有させ、腋臭菌に対する抑制効果の濃度依存性を調べました。その結果、複数の糖アルコールにおいて腋臭菌の抑制効果が確認され、濃度依存的にその効果が高くなっていく傾向が確認されました。中でもエリスリトール(Erythritol)は高い腋臭菌の抑制効果が確認され、その効果は虫歯菌に効果があることが広く知られているキシリトール(Xylitol)よりも高いことがわかりました。

図1:各糖アルコールにおける腋臭菌抑制効果の比較

<試験方法>
培地に各糖アルコール(エリスリトール、キシリトール、ソルビトール、マルチトール、スクロース)0%、5%、10%、15%を添加し、30℃で23時間浸透培養後、濁度(OD660)を測定した。

エリスリトールは経時的に発生する腋のニオイを抑制する

また、腋のニオイの強い被験者18名を選定し(16歳から60歳までの日本人男女から選定)、入浴後に右腋にエリスリトールを含む試験液を、左腋に含まない試験液を塗布し、左右の腋のニオイの変化を臭気判定士により評価しました。
その結果、エリスリトールを塗布していない左腋では時間経過によってニオイが発生したのに対し、エリスリトールを塗布した右腋ではニオイの発生が抑制されていました。つまり、エリスリトールには腋のニオイの抑制効果があることが示唆されました。

図2:エリスリトール塗布なし、ありにおけるニオイの強さスコアの比較

<試験方法>
腋のニオイの強い被験者18名を選定し(16歳から60歳までの日本人男女から選定)、入浴後に右腋にエリスリトールを含む試験液を、左腋に含まない試験液をそれぞれ塗布し、左右の腋のニオイの変化を臭気判定士によりニオイの強さを0~4でスコア化し、評価した。

腋のニオイと菌バランスが相関する可能性を示唆、エリスリトールによる菌バランスの改善効果を発見

さらに被験者の腋の菌叢解析を行った結果、腋のニオイの強い人は、弱い人とは異なる菌バランス状態となっていることが示唆されました。また、エリスリトールにより菌バランスの状態が改善されることが確認されました。この結果は腋のニオイを改善するためには、腋臭菌を殺菌するだけではなく、菌バランスを改善することが重要であることを示唆しており、エリスリトールは菌バランスを改善することでニオイを抑制している可能性があると考えています。

今後の展望

本研究成果により、エリスリトールの腋臭菌への抑制効果、及び腋のニオイの抑制効果を確認することができました。
同時に、エリスリトールによって菌バランスの改善効果が確認されたことから、エリスリトールの臭い抑制効果は菌バランスの改善効果によるものと考えています。
本研究成果を応用し、エリスリトールを配合することで、菌バランスというこれまでにない新しい腋臭へのアプローチによって、より効果が高く、かつ安全性の高いデオドラント製品の開発が期待できます。

特記事項

本研究は、2021年7月 Journal of Cosmetic Dermatologyにて研究成果が公開されました。
タイトル:Suppression of axillary odor and control of axillary bacterial flora by erythritol
また、2021年9月 日本味と匂学会第55回大会、2021年10月 IFSCC Mexico Conference 2021にて研究成果が発表されています。