Open

iOS向け視力測定アプリ「AImirun®(アイミルン)」を眼科専門医と共同開発

~家庭で簡単に視力チェック~ iOS向け視力測定アプリ「AImirun®(アイミルン)」を眼科専門医と共同開発

2021年11月2日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、社長:杉本雅史)は、アイアイネット合同会社(本社:宇治市)と、家庭で簡単に視力測定が可能なiOS向けアプリ「AImirun®(アイミルン)」を共同開発いたしました。これに伴い、紹介WEBページを2021年11月2日に公開いたしました。本アプリは、眼科専門医である上田真由美先生と共同で制作し、視力測定を日常的に行い、変化にいち早く気づくきっかけを作ることを目的としたものです。この取り組みを通して、こどもから大人まで全世代の目の健康をサポートしてまいります。

アプリ開発の背景・当社の想い

日本の近視人口は増加傾向で、近視が始まる年齢も早くなっています。近視は将来、さまざまな眼疾患のリスクを高めます。こうした中、GIGAスクール構想の実現が進み、こどもは1人1台タブレットPCを持ち、ICTを活用した授業が始まっています。また、新型コロナウイルス感染症の拡大により、働く世代においてもリモートワークが増加するなど、幅広い世代で目を取り巻く環境が変化しています。
当社は「全世代の目を守り、見える先の幸せを叶えたい」という想いのもと、目薬をはじめとする目の研究を長年行ってきました。一生の「見える」を守り、維持するためにも、いち早く「見え方(視力)の変化」に気づいて適切な対処をとる必要があります。そこで近視のはじまるこどもの目に着目し、WEBや冊子などを通した近視の啓発活動を行う中で、目の領域に携わってきた企業として何ができるかを考えた結果、眼科専門医との本アプリの共同開発に至りました。

アプリ概要

ご家庭で簡単に視力を測定することができます。継続的に見え方を確認することは、目の健康維持・管理に役立ちますが、一方で遠くと近くの見え方や、左右の見え方の違いによっては、眼科受診が必要な場合があります。
そのため本アプリでは視力測定の数字だけでなく、総合的に判断し、一人ひとりに合わせたコメントが表示されます。

※このアプリは診断を行うものではありません。目の病気の早期発見・早期治療のためには、定期的に眼科検診を受けることが大切です。目について気になることがあれば、眼科医に相談しましょう。

アプリの特徴

2パターンの視力測定

視力測定でよく用いられる「ランドルト環」を使って、遠くを見る視力(3m視力)と、近くを見る視力(40cm)の2種類を測定します。音声入力、タッチ入力が利用できます。

測定結果に合わせたコメント表示

測定後、左右それぞれの視力測定結果とともに、分かりやすい解説がついています。
※このアプリでの最大視力は1.0です。

個別測定&記録の保存

ご家族など、複数人を個別に記録することができます。
また、左右別、裸眼・矯正別に視力の推移がグラフで表示されるので、視力の経時変化や左右の違いをわかりやすくチェックできます。

そのほかに、定期的な測定を促す通知機能や身近な目の疾患について簡単に解説したページも備えています。

アプリのダウンロードについて

監修:眼科専門医 上田真由美 先生

医学博士
日本眼科学会専門医、日本医師会認定産業医
1965年 京都生まれ
1990年 高知医科大学卒業
2003年 京都府立医科大学大学院博士課程修了
2018年 ビジネス・ブレークスルー(BBT)大学大学院経営管理修士(MBA)取得
眼科専門医として、一般的な眼科診療を幅広く行うとともに、角膜疾患の研究も行う。

今後の展望

目を取り巻く環境はより一層深刻化していくと考えられる中で、「見える」を守るために、一人ひとりの行動が重要と考えております。当社は、アイケアのリーディングカンパニーとしてこれからも様々な提案を通じて、少しでも多くの人に、自分の目について気づき、考え、行動してもらうきっかけづくりを提供していきます。

  • 「AImirun\アイミルン」は、ロート製薬株式会社の登録商標です。
  • iOSは、Apple Inc.の商標です。
  • App Store は Apple Inc. のサービスマークです。