「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に選定されました

ダイバーシティ推進に優れた企業として評価 「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に選定されました

2018年7月17日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長兼COO 吉野俊昭)は、このたび、環境、社会、ガバナンス(ESG)投資のために開発された「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に初めて選定されましたのでお知らせします。本指数は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、非財務価値であるESGの取り組みに基づいた投資を行うために選定する指数の一つとして採用されています。

「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」は、世界の主要な投資家に対して投資意思決定をサポートするさまざまなツールを提供している米国のESG研究の最大手であるMSCI社が開発した指数です。MSCI社は、女性活躍推進法により開示される女性雇用に関するデータおよび企業の性別多様性に関するポリシー等の開示情報をもとに、女性の雇用、継続、昇進および多様性の推進において、業界をリードしている企業を選定しています。

当社はこの指数の他にも、「MSCIジャパンESGセレクト・リーダーズ指数」などにも選定されております。

このたび選定されたのを契機として、今後も多様な価値観を活かし多様な人財が能力を最大限に発揮して活躍できる企業を目指し、さらなるダイバーシティ推進に取り組んでまいります。

以上