ロート製薬杯・第36回全国ホープス卓球大会の開催

ロート製薬杯・第36回全国ホープス卓球大会の開催 ~子どもたちの健康な体作りを応援します~

2018年8月8日

ロート製薬株式会社(本社:大阪市、会長:山田邦雄)は2018年8月14日(火)~16日(木)まで開催される「第36回全国ホープス卓球大会」に特別協賛します。未来の日本代表を目指す子どもたちの歴史ある卓球大会を応援することで、子どもたちの健康な体作りを応援します。

全国ホープス卓球大会とは…

  • 小学生以下の団体戦日本一決定戦です。
  • 各都道府県別の予選を勝ち抜いたチームが参加し、1チームは選手3~4名の構成です。
  • 使用する卓球台は、子ども用の台ではなく、一般用の台で試合を行います。

大会概要

名称 ロート製薬杯・第36回全国ホープス卓球大会
期日 2018年8月14日(火)~16日(木)
会場 エスフォルタアリーナ八王子(京王線「狭間」駅 下車1分)
〒193-0941 東京都八王子市狭間町1453-1
主催 公益財団法人日本卓球協会
主管 一般社団法人東京都卓球連盟
特別協賛 ロート製薬株式会社
後援 東京都教育委員会、(公財)東京都体育協会、全国新聞社事業協議会、報知新聞社
競技種目 男子団体戦、女子団体戦
大会HP http://www.jtta.or.jp/tournament/tabid/122/rptid/422/Default.aspx

ロート製薬の「健康寿命延伸」への取り組みと卓球

ロート製薬は、2004年に社員の心身の健康増進を専任に行う部署をはじめ、2014年に日本初の「チーフヘルスオフィサー(CHO)」を設置し、社内外の健康に関する取り組みを強化する体制を整え、「健康寿命の延伸に挑戦する」を目標に、世界へ健康と美を提供する事業展開を促進しております。その中で、子どもからシニアまで楽しめる生涯スポーツである卓球の普及を通して、健康で活発な子どもたちを増やしていきたいと考えており、現在、「卓球こども育成プロジェクト“村上恭和×セノビック®夢卓球教室”」の取り組みを行っています。

卓球こども育成プロジェクト“村上恭和×セノビック®夢卓球教室”

子どもたちの体作りを応援する成長期応援飲料®セノビック®と元ロンドン・リオオリンピックの村上恭和監督が代表理事を務める一般社団法人卓球ジュニアサポートジャパンは、現在、全国数か所で“村上恭和×セノビック®夢卓球教室”を開催しております。
幼少期からプロ選手の躍動感あるプレイに目の前で触れてもらうとともに、卓球を通して自分の体の成長に関心を持ってもらう機会を提供しております。
2018年5月にスタートしてから、神奈川県三浦市、沖縄県石垣市、沖縄県宜野湾市、長野県長野市で開催し、今後は愛媛県松山市、三重県志摩市、島根県益田市、山形県天童市、北海道江別市での実施を予定しております。

  • 「成長期応援飲料」は、ロート製薬株式会社の登録商標(第5933339号)です。
  • 「セノビック」は、ロート製薬株式会社の登録商標(第5063314号)です。