Open

ロート流 健康経営

ロート製薬 健康経営宣言

わたしたちは、いつまでも健康で毎日を活き活きと働くことのできる
‘健康人財’であふれる会社になることを目指しています
社員の健康から社会の健康へ、そして次世代へと
健康の輪を広げていくために、さらに健康経営に取り組むことを宣言します

ロートが考える健康経営とは

まずは自分たちが健康でなければ!

1人のポジティブなエネルギーが世界へと

当社が考える‘健康’とは、単に病気でない、ということだけではありません。心身の健康を基盤として、情熱(働き甲斐・生きがい)をもって日々の仕事に取り組むことができてこそ‘真の健康’であり、そういった社員が世の中の健康を支えていく‘健康人財’であると考えています。
社員が自ら前向きに健康であり続けようとする「きっかけづくり」に注力することで、さらに健康人財を育成していきます。このような健康人財のポジティブなエネルギーが世の中に伝わり、社会そして次世代へと健康の輪を広げていくことができると考えております。

健康になるを楽しむ、主役は社員自身

健康になるを楽しむ、主役は社員自身

全社員参加の運動会

はじめのきっかけは会社から与えられたものかもしれない。
でも、ロート製薬で働いているうちに、自分自身の健康を見つめ、健康になることが楽しくなっていく。

自分の健康は会社に与えられるものじゃない。社員自身が考え、行動に移していくことが必要だと考えています。

CHO(チーフヘルスオフィサー=最高健康責任者)メッセージ

ジュネジャ・レカ・ラジュ

社員とその家族の皆様へ

ロートの健康経営は全ての社員が主役であり、社員一人ひとりの健康が社会を健康にすることと深く結びついています。

ヒトが放つポジティブなエネルギーが周囲に伝搬していくのと同じように、みなさん自身が健康であることは必ず周りにも広がっていき、家族や友人、社会そして世界へと健康の輪が広がっていくのです。

だからこそ、まず自分自身の健康を何よりも大切にしてほしいと願っています。
一緒に健康になることを楽しみましょう。

取締役副社長 兼 最高健康責任者(CHO)
ジュネジャ・レカ・ラジュ
ジュネジャ・レカ・ラジュ